フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

スポーツ

ぶり返す

もう落ち着いたと思ってたら、昨日の夜から腹痛でダウン。
朝も厳しくて、結局休む羽目になりました。
薬も効いてるようだったのに・・・
それでも昼前に病院行ってからは何とか落ち着いてきました(診察と処方箋だけですが)。
鼻水、咳もしんどいですが、それが無くてもお腹の方は出かけることも出来ず辛いです。
重要なイベントの前だというのに、果たして・・

昼頃は落ち着いてたので見落としてたニュースとか見てると。
全日本ロードのGP250で宇井陽一選手が見事チャンピオンに輝いてました!
WGP125ccクラスで大活躍の後、どこまで落ちていくのかというくらい酷い状態でした。
そこから全日本チャンピオンを獲得するまでなるにはリザルトだけでは分からない大変なことがあったんだと思います。
現状、ヤマハでは世界再挑戦は難しいでしょうが、またWGPで宇井選手の走りが見られると良いなあ、と思います。

冥福

すでにニュースで流れてますが、阿部典史選手が事故で亡くなられました。
これを見たとき、ビックリして、まさかと思いましたが・・

初めて見た世界GPが94年の日本GPでした。
全然知識もなく、たまたまチャンネルが合っていたのでそのまま見たのですが、500ccクラスのレース、トップ争いをして残り僅かというところで転倒したのが阿部選手でした。
日本人選手が世界でトップ争いをしてるなんて全然知らない頃で。
そこから世界GPを見るようになった、そのきっかけとなった選手でした。

その後もヤマハのマシンで活躍、いつも何かやってくれそうな雰囲気を持ってるような気がしました。
motoGPクラスに変わった頃からマシンに合わないのか、それまでのような走りは見られなくなってました。
今年からの全日本ではこれから、という矢先の事故。
残念です。
今年はサーキットで元250チャンピオンの沼田選手、ST600の奥野選手と事故で亡くなられており、何か負の連鎖みたいなものがあるんでしょうか。

モータースポーツは死亡事故でしかニュースでやらない今の日本。
そういうのを打開して、もっと広めようとしていたという選手が失われるのは本当に残念です。

ハイビジョンのF1中継

今年から富士スピードウェイに移った日本GP。
それに合わせたかのようにe2byスカパー!でもハイビジョン中継が開始されました。
地上波は去年からハイビジョン対応になってますが、こちらは実況とCMもあってほとんど見てません。
完全生中継のCSで、日本GPのみとはいえ対応してくれるのは嬉しい限りです。
昨日のフリー走行から今日の予選まで実況、解説といつもとほぼ同じながら(通常は金曜の中継はないですが)ハイビジョン画質。
他のGPやチャンネルは違いますがmotoGPなんかもハイビジョンになってくれると良いなあ。

myearthdream

タイトルの日本語版ができたということで、このプロジェクトに参加してみました。
マシンの左側サイドポンツーン上の真ん中あたりに名前が載るらしいです。
はっきり言って、絶対に分からないと思います。

勘違い

いよいよ今週はmotoGPの開幕、でした。
開幕戦のバーレーンは土曜日決勝というのをすっかり忘れてて、見逃してしまいました。
結果だけ知るという、一番イヤなパターンです。
アッセンが土曜決勝というのは忘れないんですが、バーレーンはどうも忘れてしまうようで、3年連続で見逃してます。
録画観戦か。。。

伝説の84年モナコGP

雑誌の記事とかでしか知らなかった84年モナコGP。
シーズンオフの間、フジテレビ721でF1レジェンド83~84というのをやってるんですが、そのおかげでこのレースを見ることが出来ました。
先々週に録画したままのをようやく見たのですが、実際の映像で見ると凄いです。
酷くなる一方の雨の中、怒濤の追い上げをするセナとベロフ。
語り継がれるようなレースを実感しました。

劇的

昨日のmotoGP、まさかの展開で眠かったのに一気に目が冴えて正座したまま見てました。

続きを読む "劇的" »

引退

ついにシューマッハが引退。
レース後の記者会見で発表するとは思ってなかったのでちょっとビックリでした。
なんとなく、チェッカー後から雰囲気がいつもと違うような感じはしてましたが(気のせいかも)。
いつも会見での同時通訳は分かりにくくてちゃんと聞かないのですが、今回は用意してたかのように分かりやすくてじっと聞いてました。

それにしても、普通のニュースでも取り上げられるのはさすが。

F1で君が代

昨日のF1ハンガリーGPは、レースとして何が起こるか分からないという点で今年一番面白かった。
パッと見にはバラけて単調なレースに見えて、実は絶妙な駆け引きの中で戦っているのが最近のF1(と思ってます)。
でも、今回のようにトップ独走かと言うくらいの勢いで走りながら、予想外のクラッシュ、ミス、トラブルが起こると眠くならずに画面に釘付けになれます。
昼間のフォーミュラニッポンでも、金石対松田のバトルとか、終盤の外国人4人によるバトルとか、見るならこういう画面に釘付けになるレースが良いです。

表彰式での君が代は、motoGPとかでは当たり前ですが、F1で聞くのは何か感慨深いものがありました。
今度は日本人優勝による君が代が聴きたいですね。

鈴鹿8耐

また、耐久のテストが延期になって、何しようかと思ってたら甥と姪が遊びに来るということで家で待機。
その間に8耐の中継状況を見てたら、ヤフーで中継があるようなので見れる準備を進めておきました。
スタート直後に甥と姪が到着、遊びながら中継を見るという状態で、落ち着いては見れなかったですが。