フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

ライブついでの観光<7月27日、28日>

目的はももクロライブのみ。
でも、せっかく東京まで行ったのなら、ついでに観光もしておきたい。
ということで、時間の許す限りウロウロしてみました。
27日。
夕方から会場入りするので、ユッタリとホテルを出て靖国神社へ。
訪れるのはまだ2回目ですが、この中の空気は外とは違います。

Dsc01637

お参りをした後は遊就館へ。

Dsc01650

前回は見れなかった映像を見て、展示は早めに見て、そしてお昼。
館内で明治時代のレシピを再現したという海軍カレーを頂きました。

Dsc01639

Dsc01641

本日の目的は終えたので、一旦ホテルに戻ってライブに備えました。

Dsc05556

28日。
前日のライブの余韻を残しながら、1日フリーで。
まずは9時前にスカイツリーへ。
350メートルの展望台ですが、東京の地理が今ひとつなので、感動も今ひとつ。
もう一個上の展望台は別料金ということもありスルー。

Dsc01652

Dsc01670

Dsc01654

Dsc01653

Dsc01660

ちょうど清掃中のゴンドラが見れたり、ガラスの床に乗ってみたり。

Dsc01656

Dsc01676

展望より、こんな構造物を見れたことの方が感動しますね。

Dsc01687

Dsc01692

続いてはお昼を食べるため、早めに移動。
人形町の元祖親子丼のために行列に並びました。
ここは以前、ももクロchanでれにちゃんがぶらり訪れてた店で、一度来てみたかったんです。

Dsc01694

Dsc01695

1時間ほど並んで、元祖親子丼を美味しく頂きました。

Dsc01696

行列が出来る店だけに、それに対応してシステムがキッチリしてたんですけど、お一人様だと確実に相席になるのでユッタリは出来ないのが残念でした。
その相席になった前の二人組が、姫路城や小豆島、神戸の話をしてたんですが、
姫路城は遠くて行く気が起きないとか、小豆島に渡るには相生から船に乗るとか、小豆島は広くてバイクでも一日で廻れないとか、かなりツッコミ所満載な会話してました。
続く目的地はメタルパンダーニ。
神田まで移動して、駅前すぐのビル3階まで。
まだオープンして数日、平日の昼間ということで店の方とゆっくり話が出来ました。
ブログで気になってたチタンフレームについて色々と聞いて、かなり物欲が湧いてしまいました^^;
そこに装着されてたチタンヘッドキャップが格好良かった。

Dsc01701

Dsc01704

展示してたフレームも写真撮ってもらって良いですよ~とのことで、こちらも。
クロモリフレームに錆塗装がされて、本当に錆びているかのようでした。
これもブログでは見てたんですけど、実物はなかなかでしたよ。

Dsc01697

Dsc01698

Dsc01699

Dsc01700

この後は新橋に移動して、東京でしか買えないものを買ってから東京駅へ。
まだ時間に余裕があったので、丸の内ビル内のカフェで30分ほどユッタリ。

Dsc01712

Dsc01711

東京駅ナカでお土産と晩ご飯を買って新幹線に乗り、二泊三日のライブの旅は終了しました。

Dsc01713

Dsc01714

ん?ついでに行った観光の方が、日記のボリュームがあるな~^^;

ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 2DAYS<7月26日、27日>

今年も恒例のライブがやって来まして、今回は見事にチケット当選!
しかも2DAYSの2日とも当選するという、今年の運を使い切った感があるくらいな事に。
1日目。
席は当日の受付をしないと分かりません。
ワクワクしながら認証をしてから発券してもらうと、アリーナ席の前の方みたい。
中に入って、席に行ってみるとほぼ最前列!
しかも、ほぼセンター!
こんな良い席が当たるとは、今年の運は使い切ったな。
ライブ中は、後のステージとか御神輿とかで会場を回る以外はモニターはほとんど見ず。
国立の時以上の近さで、もう目の前でパフォーマンスを見られて幸せやった~
ライブ内容はナタリーの記事で。
http://natalie.mu/music/news/122132
2日目。
この日も行ってみないと席は分かりません。
で、会場へ移動してる途中の空は怪しい雲行き。
レーダーで確認すると、雷雨が発生中。
会場に着くと、安全のために入場の他、認証やグッズ販売も停止中でした。
開演時間も遅れることが案内され、ただ待つだけ。
しばらくすると、雷雨は抜けて安全が確認されたとのことで、入場が再開されました。
チケットを発券してもらうと、今日はスタンド席でメインステージ寄りのほぼ真横…
ステージは遠くなったけど、これはこれで全体の動きも見れるので、昨日は見えなかった花道のパフォーマンスが確認できます。
なにより、ちょうど屋根の下で、開演するまで降り続く雨を避けられたのが良かった。
アリーナとか、もうちょっと前のスタンド席は土砂降りだったから。
そして、オーバーチュアからももクロが登場すると、雨が止むという奇跡。
前日とほぼ同じ内容なのに、全く違う内容に感じられました。
http://natalie.mu/music/news/122165
今回は2日とも参戦できたので、これ以上ない満足感でした。
次回は12月のももクリ。
さいたまスーパーアリーナのスタジアムモードでの2DAYS。
ただ、さすがに遠征はしんどくなってきたので、参戦するかは悩ましいところ。

ひまわり

夏休み中に乗れる一日目。
遠出もしんどそうなので、近場でテキトーにご飯食べてブラブラとするつもりで出発。
出たのが9時前と、ちょっと遅かったのが後で効いてきます。
お昼を早めの時間にすることにして、この前も行ったばかりの光都苑へ。
最短距離を選んだので、1時間半ほどで到着。
お昼代わりのモーニングとパフェ。
ココのパンは、一番お気に入りのパン屋さんが提供してるんで、美味しさは間違いなし。

Dsc05526

Dsc05525

このまま帰るつもりでしたが、近くでヒマワリが満開らしいので折角なので見に行くことに。
佐用町の東徳久地区。

Dsc05534

Dsc05537

Dsc05542

Dsc05549

満足したので千種川沿いを下って、県道5号からは高度稼ぎ。
高田台、椿峠、二木峠、小犬丸と続く坂を久々に走りました。
揖保川手前で何となく龍野城に行ってみたくなって左折。
<photo src="v2:2092200859:l">
太子に入って、ちょっと冷たい物が欲しくなったので、豆腐屋さんの豆乳ソフト。
コレは初めてでしたが、大当たりでした!

Dsc05555

桜山貯水池経由で帰宅。
この夏、初めてボトル3本分の給水しました。
一番暑い時間に走るというのは避けんといけませんね~

6年越しでようやく

自転車で初めて100kmを走った頃から、会社帰りに雪彦山に寄ってみたいと思ってました。
途中、怪我があったり、定時で帰れなくなったり、よく考えたら行って帰ったら9時を過ぎるやんって思ったりして、ほぼそのことを忘れてました。
しかし。
今は早番で、帰るのも1時間早い!
ちょっと前から、今の自分がどれくらい走れるのか探ってて、何とかなりそうかなと行ってみました。
会社から前之庄まで1時間、そこから鳥居まで30分ほど。
Dsc01595

Dsc01600


さすがに平日の夕方、誰もおりませんね。
途中、ローディとすれ違ったけど、あれはホントにローディだったのか?
うっすら霧が出てたし…

鳥居の前は猫だらけ、登山口は一台の車もいない。
Dsc01599

Dsc01603


帰りは下り基調で楽々~
前之庄の辺りで沈む夕日
Dsc01604

糸田郵便局の辺りで足が攣って、そこからペースダウン。
夢前川CRに入ってしばらくするとダート路面に。
ちょっとだけやけど楽しい^^
ロードだと、何でやねん!って言うてるかな。
Dsc01606


帰ってデータ見たら、通勤の寄り道としては過去最高距離の70キロでした。
でも、これくらいの距離走るなら、グルメは欲しいのです…

予行演習

来月、高野山行きの予行演習を七曲り+万葉岬+赤穂海岸ルート+輪行で。
大阪からsyokoraさんを講師に、仮想高野山です。

英賀保駅で集合し、西に向かってスタート。
まずは道の駅でソフトクリーム補給。
Dsc01500


七曲りを走って万葉岬。
初万葉となるRuiさんとnaokoさんと一緒に、上りきれるスピードで。
お二人とも足を着かずに上りきれました。
前日の雨のおかげか、薄らとながら小豆島も見える景色で良かったです。
Dsc01514


下った後は、時間の関係でショパンにてお昼。
日曜はカフェのみの営業なので、いつものロードセット。
Dsc01520


お腹を満たしてから関電ルートで赤穂へ。
IHIの橋では工事中だったので、定点撮影は断念。
坂越に入ってから、海岸ルートは回避することにして千種川から赤穂御崎へ。
ちょっと勘違いして、赤穂御崎での酒豪写真は無し^^;
Dsc01537

Dsc01544

ここで雨雲が急接近してきたため、カフェは諦めて赤穂駅に向かいます。
しかし、赤穂城跡の辺りで降ってきたので、あこうぱんで買い物ついでの雨宿り。
Dsc01546

Dsc01548


しばらくして雨も止み、路面もすぐに乾いたので赤穂城跡で撮影タイム。
カフェを断念してたので、城跡前の巴屋にて甘味を頂きました。
Dsc01551

Dsc01554

結構マッタリとして、赤穂駅から輪行して帰路へ。
syokoraさんの輪行小物に感動しながらパッキングして電車で帰ってきました。
天気は危なかったですが、naokoさんの晴れを呼び込む力で濡れることもなく終えられて良かったです^^
これで高野山は天気も走りも大丈夫ですね!

やっぱりマッタリ

先週は雨との競争で、距離はそれほどでもなかったのに疲れが残ってました。
今日は天気も良いし、ノンビリと走れそうなのでほぼ同じルートを通って、テクノでランチすることにしました。

テクノへの分岐までは先週と同じ。
Dsc01432

Dsc01434

角亀トンネルをくぐって交差点の所から坂道が見えたのでそちらへ。
1km足らずの坂でしたが、後で見たら平均11%でした。
そこそこしんどかったです。

そこからは目的地まですぐ。
久しぶりの末廣堂光都苑です。
Dsc01435

Dsc01438

前に来た時に食べたハンバーグのランチが美味しかったので、今回もと思ってたらメニューから無くなってました…
選べるのは今週のランチとビーフカレーのみ。
あとは軽食とスイーツだけ。
注文したのは今週のランチ、それにドリンクを追加。
美味しかったですが、値段とボリュームを考えると…
今のメニューだと、モーニングかカフェメニュー目的で来ないと満足出来ないかも。
Dsc01436

Dsc01437

帰りは44号線を南下して相生へ。
テクノ交差点からしばらく上ると、後は2号線まで下りだけ。
ちょこちょこ寄り道しながら写真撮ったり。
Dsc01439

Dsc01441

あっと言う間に相生市街に着きまして、お昼が少なかったのでショパンで追加。
Dsc01446


七曲り経由で姫路へ。
七曲りと言うことは万葉岬も。
疲れが取れてないからか、すぐにインナーに落として気が付けばインナーローで上がってました。
Dsc01449

道の駅でトイレ休憩して、自転車に戻ってみるとガーミンがバッテリーダウン。
その前からセンサー類の反応が無くなってたので、おかしいなと思ってたんですが。
Dsc01452

ここからは数字が無い状態で帰宅。
多分95kmくらいは走ったかな。
今日は4ヶ月ぶりのマドンでしたが、なぜかお尻が痛かった。
最近はレーパン無しで走ってて問題なかったんですけど、やっぱりマドンはそれなりの装備しないとアカンかも。

シカバーガーが食べたくなって

今日は何の予定もないので、ふと思い立ったご当地バーガーを食べに行くことに。
天気は15時頃から雨の模様、それまでに帰って来れそうやなと作用町へ。
いつもはモタモタして出発は遅くなるけど、今回は雨の事もあるのでやや早め。
出来るだけ最短距離で北上、龍野に入った頃は余裕もあり、写真とか撮れてました。

Dsc01372

その後、新宮に入って志んぐ荘の前の橋を行ったり来たり。

Dsc01374

Dsc01376

Dsc01379

この頃、時々雨粒が当たってて、どうしようかなと。
テクノへの分岐近くで、そう言えばとザックを開けてみるとロックを忘れてたことが判明。
雨の事もあるし戻るか、でもレーダーだと雨はまだ来ない。
ロックが無くても、バーガーは持ち帰り出来るので、途中で食べればいいやとそのまま北上。
坂を3つ越えて、久々のいっきゅうに到着。
シカバーガーとシカチーズバーガーを注文して持ち帰り。
ザックに突っ込んだら雨がポツポツと。
ピストンは考えてなかったんで、千種川を南下。
ちょっと強くなったり、弱まったりしてましたが、本降りにはまだ間に合いそうなので必死にペダルを回しておきました。
ちょっとシンドイし、信号で休憩したいと思ってるのに、こんな時に限って数少ない信号が全部青って。
とにかく下って2号線まできてから東へ方向を変え、さらにペダルを回します。
こちらは信号が多いので、時々脚を休めながら最短距離で帰ってきました。
ずっと雨がポツポツしてたので、結局ハンバーガーは家まで持って帰ってきました。
遅めの昼ご飯は自分の部屋で…

Dsc01381

ロックを忘れてなければ新宮でランチして、帰りに龍野でパン買って帰るという予定変更もあったんですが…
しんどいだけで楽しくない走行でした。
でも、風も弱かったこともありますが、さすがにアベは27.4km/hと100km以上の走行では過去最高でした。

初めての京見山<7月5日>

とある予定から、下見を兼ねて初めての京見山登山。
いつもは下から見るだけでしたが、噂に聞く登山道にワクワクです。
地元のキャッツアイメンバーに案内してもらって、いざ京見山へ。
街中の低山で、周辺住民が常に手入れをしてくれているだけに快適な道です。
あっと言う間に頂上。

Dsc01354

その後は西の見晴台から、途中で雨が降ってきたりしながらも再度頂上に戻ってコトブキのパンでお昼。

Dsc01358

Dsc01363

短時間で回れる低山ならではの良さを確認できました。
地元なら、ちょっと空いた時間で軽く登れて良いですね。
キャッツアイの皆さんありがとうございました。
帰りは英賀保周辺の官兵衛スタンプラリーして切り上げ。

Dsc01366

Dsc01367

Dsc01368

Dsc01369

Dsc01370

Dsc01371

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »