フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

久々のリミちゃん

今日も良い天気なので出撃。
オーラばっかり乗ってたので、久々にリミちゃんを引っ張り出しました。

昼過ぎには帰る予定で、前から気になってたカフェで、ランチを兼ねたモーニングを目指します。
夢前川から槻坂を通って、林田川を北上。
再び姫路市内に入って到着。

Dsc01182

パニーニにしました。
モーニングなので、これで紅茶に+100円です。
隣の席では近所のおばちゃん達が盛り上がって、後から入ってきたオッちゃんも店員さんと会話が弾んでます。
ここは地元に根付いたカフェみたいで、かなり居心地が良いです。

Dsc01183

昼ご飯には物足りないですが、すでにだいぶ暑いので帰る事にします。
そのまま帰っても何なので、大堤峠と清水峠を通って。
上るのが得意じゃないリミちゃんですが、ユックリ走れば問題ない事を確認。

久々のリミちゃん、ちょっと乗りにくかったので、乗り込まなければ。
しかし、こんな状態まで進行してるので、近くバラバラにして再塗装の予定。

Dsc01185

Dsc01186

パワーの比較

今日の走行ではパワーの比較をしてみました。

これです。

Dsc01128



パワータップは800で、パワーキャルは500で拾ってみました。

Power



スピード/ケイデンスセンサー、心拍は共通です。
スピードは基本GPSから拾ってます。

これだけを見ると、パワーキャルもなかなか良いんじゃないですか?
確かに心拍計算での出力なので、心拍変動次第でばらつくとは思いますが。
より心拍と出力が連動する人であれば、もっと正確になっていくと思われます。

気になったのは800と500自体の差。
高度とかが違うのは、精度の差かな~

久しぶりの七曲り

本日は節電のための振替休日。
なので、走れる時は走っておけ!って事で、2日連続オーラで出撃。
と言っても、脚はまだまだ戻ってないのでポタペースで。

今日は西へ。

Dsc01121


久しぶりの道の駅みつ。
さすがに平日ではバイク乗りさんも2台ほど。
もちろんローディさんはゼロ。

せっかく七曲りを走るのなら、上っておかないと。

Dsc01123

Dsc01125


ただ単に上るだけなら全然問題なし。
ギヤも1枚残しで走れたので、案外調子だけは良いかも。

赤穂まで走るつもりはないので、相生でお昼。
きゃべつ畑さんでミックス焼き。

Dsc01126


牡蠣シーズンが終わってから、ローディさんが全然来なくなったって嘆いてました。
普通に美味しい店ですので、普段から行きましょう!

Dsc01127


帰路につく前に軽く冷たい物を。
ペーロン城の赤穂塩ソフトですが、初めて食べた時の食感に戻ってました。
補充するタイミングで変わるんかな?

帰路は、竜野駅前から竜野大橋、大津茂川経由でトマトまで。
変速がちょっとおかしかったので調整してもらいました。
バッチリ決まるようになり、気持ちよく帰宅しました。

ロード復活

ようやくロードバイクに乗りました。
カイタイで出勤前に40kmくらい走れるので、楽勝やろ~って思ってましたが…

マッタリと行くので、9時前に出発。

Dsc01110


平荘湖から権現湖へ。

Dsc01116


日陰を出来るだけ選びつつ走ります。

そして早めのお昼。

Dsc01119


今回はおろし蕎麦定食にしましたが、やっぱりとろろ蕎麦が良いなあ。

ココまでで結構疲れたので、法華山経由で帰路へ。
坂を上る前に、久しぶりのこうじアイス。

Dsc01120



法華山はアウターだけで上れましたが…
ポジションがキツイ、お尻が痛い、脚が回らない、腰も痛い。
昼間の暑さにも慣れてない事もあり、73kmで終了しました。

パワーキャル!

巷で話題(?)のパワーキャルを買いました。
というか、予約可能になった直後に予約だけしてて、忘れた頃にやって来たんですが。

早速、トータル50kmほどだけですが使ってみました。
まず、実際に表示される出力はパワータップで表示されるのと、そんなに変わらないって感じですね。
踏み出しの瞬間から、巡航に入った後の変化はほぼ同じです。
短い坂ですが、上りでも2~300wくらいで安定してて、これもパワータップと差がないようです。
心拍数から計算してるので、脚が止まってても心拍変化があれば、パワーが出てる事になるのは仕方ないですね。
僕の平均出力はパワータップで150wくらい、このパワーキャルでは170wくらいになってるので、すこし高めに出る感じですかね。
もっとも、100kmくらいのツーリングを走ってみないと、きちんとした比較は出来ないですが。

去年、サイクルモードで聞いた時には、パワータップでの心拍とパワーを使って校正。
それを半年に1回とか繰り返す事で精度は7~8%になるって言ってました。
今、代理店のFAQを見ると、そんな必要はなく使えるそうです。

ちょっとしか使ってませんが、パワータップが約10万円でパワーキャルが1万円って事を考えると全然良いと思います。
新規でANT+のサイコンと揃えるとしても、全然お安いですし。
すでにガーミンとかを持ってるなら、心拍計を買い換えるくらいの感じで導入できますね。
もっとも、パワーに興味なければ敢えて買う必要はないですけど。

西武ドーム!

前にコンサートに行ったのは、20年近く前の谷村有美の大阪城ホール。
この歳になって、コンサートに行くのも、アイドルに填るのも想像できませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

360度パノラマステージ。
37000人の揺れるサイリューム。
遠くからでも分かる最高のパフォーマンス。

行って良かったです。
DVDやブルーレイで見るのでは分からない、あの雰囲気。
「走れ!」の暗転した時の幻想的なサイリューム。
「ワニとシャンプー」の時のジャンプ。

ただ、コールが乗り切れず、サイリュームも忘れるという痛恨のミス。
次回は完全に頭のネジを外せるようにしなければ。

おまけ。
わざわざ関東まで行ったので、翌日は観光で。
節電対応のおかげで休暇を取らずに済んだのが大きかったです。

Dsc01034

Dsc01035

東京に行く事があれば見たかったスカイツリー。
当日券が買えれば上がってみようかと思いましたが、まあまあの行列だったのでパス。
Dsc01037

続いてお台場のガンダム。
良い具合に汚れてきましたね。
ここに移動する間に雷雨に見舞われ、足下はビチョビチョ。

Dsc01042

この後は自分の土産を買うため、六本木のテレ朝へ。
法被も買おうかと思いましたが、普段着る機会がないので今回はパス。

Dsc01038

Dsc01039

バーガーキングでお昼を済ませて、早めに東京駅へ。
この場所、「労働賛歌」PVの撮影場所だったんですね。
図らずも、ももクロ巡りしてました。

さて、次回はももいろクリスマス、さいたまスーパーアリーナの2DAYS。
行くのは難しそうやけど、行きたいな。

出勤前ポタ

今週は仕事が後番のため、出社は10時半。
その上、リハビリが休日なので、折角やからと仕事前に一走り。

8時半に家を出て、夢前川CRを北上。

Dsc01017



休憩を挟みつつ、更に北上。

Dsc01018



気が付けばカニのツメ。

Dsc01019



時間は9時20分、セブンティーンアイスを補給して引き返します。

走り出して、すぐの所で見慣れた一団が。
そういえば、今日は木曜ロードショーやったな~
もうちょっと確認してれば、集合場所でウダウダ言えてたなあ。

横関から裏道を南下、姫路城から会社へ。
約30km、アベ20km/hなら問題ないな。
盆休み辺りで何か企画できれば。

それにしても、自転車はホンマに楽しい。
唯一、徒歩の時にはももクロを聞きながら移動できるけど、自転車は出来ないっていうのが難点やな。

自転車復帰

あれから2ヶ月。
今日から現場復帰するつもりでしたが、諸々の事情で延期。
なもので、診察の時に現場復帰のOKをもらうの忘れてましたsweat01
ここで自粛中の自転車も解禁!のつもりでしたが、なんか微妙な事に。

でも、少々思い物を持ったり、掴んだりしても大丈夫なので、勝手に自分でOK出しましたcoldsweats01

朝起きてから、久々にサイクルウェア準備して、自転車に空気入れてからの注油。
今日はリハビリに行くので時間に余裕があって良かった。

まずは診察券を入れてからの脚慣らし。
マッタリと飾磨港の方へ。
臨海大橋にも久々に上がってみる。

Dsc01012

お尻痛いし、すぐに息も上がるけど、やっぱり自転車は楽しいな~
それと20kmくらい歩いても、運動になってないなって実感しました。

ここで距離とか見ようとサイコンに目をやると…0km?
手で回してみると反応無し。
本体は問題なさそう、というかPCに接続して認識してたので、どうやら接点部分が死んだ模様。
距離とか速度は大事なので、慌てて一旦帰宅。
ガーミンを装着しておきました。
カイタイを買った時から付けてたe-Metersとは残念ながらお別れです。

と、アララなこともありましたが、これからマッタリと脚を戻していきたいと思います。
運動量も、ストレス解消も、やっぱり自転車が一番!

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »