フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

当てにならない予報

ヒルクライムも終わり、今度は鈴鹿に向けてRSRの番。
まずは自転車に慣れるべく、マッタリと走るつもりで出発。

途中、昨日嫁いでいったPCの予備HDDをフォーマットし忘れてる事を思いだし、連絡を取って予定変更。
フォーマットついでにメールの設定などして、さらにお昼も頂いてホントのマッタリ。
お邪魔してる間に局地的な雨もあり、運が良かったです。

処置も済んで、天気も回復したようなのでインフィニティへ注文してた物を引き取りに。
しかし、2号線を走ってると晴れてたはずなのに、交差点を曲がったら雨。
さらに進むと路面はビショ濡れで水しぶきが上がる。
これはダメだと新幹線の高架下に逃げ込んだら雨は降ってないし、路面も濡れてない。
しばらく高架下の自転車道を進むと、降ったり止んだり。
レーダーで確認してみると、ピンポイントで雨雲がある様子。
とりあえずインフィニティ目指して走ると、雨は降ってないものの土砂降りの後が。

雨がパラパラしてるので、しばらくインフィニティに滞在。
みっくんと、BJCの(お名前ちゃんと聞くの忘れてた)方と色々と話しながら雨も上がった15時前まで。
2号線からはパラパラ降る雨の中、たい焼き買って帰宅。

自転車に慣れきれない1日となりましたあせあせ

ヒルクライムin大山2011<10月16日>

初のヒルクライムイベント、ヒルクライムin大山に参加してきました。

送り迎えはかぷ~さんにお任せ、ただ上る事だけに集中しますcoldsweats01

現地では、マルヨン改さん、粉-Cさん、初めてお会いする鳥取と岡山の皆さんにご挨拶。
今日は完成したばかりのチームジャージの配布会も兼ねてたりします。
ジャイアンさんは参加できず、5ショットが出来なかったのが残念でした。

18256794_1372307415_93large

準備したり、受付したり、談笑したり、結構時間にゆとりがあってユッタリとします。
約1時間前くらいにみんなでアップ走へ。
程よく体を温め、スタートに備えます。

Dsc00804
そして、スタート時間。
20人ずつ、ゼッケン順に出発していきます。
僕はマルヨンさんと一緒の組、そのマルヨンさんが平坦区間を曳いてくれるという事で、じっと後ろについて進んでいきます。
勾配が上がり始めたところで発射。
どんな勾配かも分からないですが、無理せずマイペースで行きます。
すると、マルヨンさんの曳きに一緒に着いてきた人が前に出たので、そのペースに合わせてみます。
一定の間隔でずっと行きますが、迂回路区間でやや離れて点になってしまいました。
ゴルフ場前の13%で背中が確認できるくらいになったので、ややペースアップ。
しかし、大山牧場前の緩い勾配で一瞬で見えなくなってしまいました。
ここの区間がタイムを削る区間だったのでした。
アウターに入れる事もなかったので、一気に差がつくんですね。
ここからゴールはもうすぐ。
ラストのコーナーからは踏み込むだけ踏み込んでラストスパート!
ゴール直後にタイマー押し忘れてましたが、一応46分3秒でした。
14km、獲得高度585m、最高心拍170bpm、平均心拍158bpm。

Dsc00806
は~、しんどかったと休憩してると、皆さんドンドン第2ゴールへ向かっていきます。
どうやら仲間内でここで止まるのは僕だけみたいで・・・
ここで待っててもあれなんで、荷物背負って再び上っていきます。
おまけ分の追加約4km、こっちの方が好きな勾配でした。
途中、マルヨンさんたちが下っていくのとすれ違います。
そして、第2ゴール。
充分に休憩したので、余裕を持って上がれました。
17分30秒だったので、単純に合計1時間3分33秒です。

ゴール後は普通に自然解散となってたので、残ってた方たちとダウンヒル。
良い感じの上りって事は、下りは怖いって事なので恐る恐る下っていきます。
次の目的地は、イベント参加特典のジンギスカン。
特典って言っても割引券ですけどsweat01
この辺りですって言われて行ったものの、目印の派出所が見あたらず。
迷って上ったり下ったりしてたら、同じ状態だった新右衛門さんとももんがさんと合流。
なんとか目的地付近で他の方たちとも合流。

楽しいジンギスカンで腹一杯!
18256794_1372307321_17large

この後はお決まりの大浴場でひとっ風呂浴びて全イベント終了!

初めてのヒルクライムイベントでしたが、ムッチャ楽しかったです。
ボランティアの方はじめ、運営が素晴らしく、地元からの協力と理解も得られてるんやなって感じました。
普通に観光客の人達からも声援を送られて、視界に雄大な大山が入り、走ってて気持ちよかったです。
もちろん、来年も参加します!

まとめてインプレ

色々と買ってますが、記憶の補完のためにインプレなど。

まず、通勤になくてはならない物、ライト。
メイン機のカイタイにはハブダイナモを装着しています。
最初はシマノのLP600を使ってましたが、どうにも不満だらけ。
色々と探してみると、匠光楽ライトというのにたどり着きました。
スポーツタイプのダイナモにはこれしか無い!というくらいらしい。
早速、問い合わせるも、最初は返信も無し。
少し間を置いてから再度問い合わせると、納期は未定で良ければ、との事。
いつになるか分からないけど、発注します。
その後、骨折を挟んで忘れた頃に届きました。
季節は夏、なかなか暗くならないので性能実験は出来ません。
それでも、仕事の忙しさがピークに入りつつあったので、残業の帰りにようやく明るさを実感できました。
元々がCREEというライトをダイナモライト化してるので、例えばDOUSUNのような照らし方は出来ませんが、明るさは充分です。
照らしてる時の写真はうまく撮れないのでありませんが、真ん中が一番明るく、周囲は明るさは落ちるものの視界の半分以上は照らしています。
使い始めの頃は思ってたのと違うなとか感じましたが、今となってはこれ無しでは夜道を走れません。

続いて、同じくライト。
雨用通勤機ウータンもハブダイナモ化しています。
こちらは2.4wで、最初は一般車用のライトが使えるのかと思ってました。
しかし、中身はスポーツ車用と同じで、結局LP600を使う事になりました。
当然、これだと不満ばかり。
そんな時、マイミクのひでぼんさんにDOUSUNを改造してダイナモライト化してもらえる事に。
そして、見事にダイナモライト化されたDOUSUNを受け取りました。
電池仕様に比べると、やや明るさは落ちますが、必要充分です。

続いてもライト。
PIAAのバルブキャップライト。
去年、出てすぐくらいの時にブルーを購入。
回転時に幾何学模様のパターンが見える面白いライトです。
春以降、暗くなるときには走らないようになってたので外してました。
で、先日インフィニティにて、これの新型を購入。
以前の半分の長さになって、小径ホイールにも大丈夫になってます。
カラーはいよいよ(?)のグリ-ン。
こちらは回転時にパターンが出ませんで、ちょっと残念。
でも、グリーンのライトはブルーより良いです。
最大の弱点は、自分からは全然見えない事。
もっとも、側面からの認識率をアップするためのライトなので仕方無しです。

サドル。
奥深い物です。
通勤用のカイタイ、ウータンにはSDGのBEL-AIRを使用中。
結構お尻に合ってる感じだし、乗る距離がほぼ50km以下なので特に大きな不満も無し。

マドンにはプロロゴのスクラッチプロ。
こちらはひょんな事から譲ってもらう事になったのですが、使ってみるとお尻にピッタリな感じです。
ポジションも合ってきたのか、130kmほどなら問題なし。
今の感じだと、200kmくらいでもいけそうです。

RSRにはフィジークのアンタレス。
これまでマドン、オーラにも使ってました。
初めて使った時から不満もなく、これはアタリだと思ってましたが、プロロゴを知ってからは何か違和感が。
いずれ、こちらもプロロゴに変えたいなと思ってます。
キャノンデールのグリーン、手に入らないかな~


ほかにもインプレ書き残しておきたいのがあったはずやけど、どれだったかな。

調子戻ったか?

大山までに走れるのは今日だけなので、走らないよりはマシだと思って軽く走ってきました。
どっち方向に行くか迷いましたが、軽くなので近場を周遊。

まずは2年ぶりの広峰山へ。
一応、TTモードで登坂、タイムは9分ジャスト。
あっさり10分切れて、やっと人並みになってきたようで。
Dsc00786 

Dsc00785
展望は今ひとつ。

ここを下って、一旦は増位山に行きかけましたが、何となく怖いので止めます。
Dsc00788
引き返して暮坂、相坂トンネル経由で香寺ハーブガーデンへ。
買ったパンを近くの公園で食べようと思ってたら、裏庭で食べられますよという事で、裏のベンチでお昼にします。
Dsc00794
ハーブティをサービスしてもらいました。

あちこちのパン食べてますが、ここのパンが一番美味しいです。
ハード系しかなく、お値段も高いですけど。
お腹にズッシリ来るので半分だけ食べて、買い物をするべくインフィニティへ。

その前に加西に寄って、山口屋のたい焼きを買っておきます。
法華山からコスモス祭り開催中の志方を抜けて高砂へ。

インフィニティではお目当ての物は買えませんでしたが、違う物をお勧めされて購入。
いや、お勧めされなくても買ってたかなあせあせ

さて、週末に向けてまったく練習にはなってないけれど、何となく調子は戻ってきたようなので普通には上れそうです。

ヒルクラ前のポタリング

本来はパンを食べに行くつもりでしたが、体調が今ひとつ上向いてこないので、無理せず近場でポタする事に。
かぷ~さんも一緒に走る予定だったので、連絡してこちらへ来てもらいました。

ポタなので10時半スタート。
ユッタリ走ってたので、七曲がりに入る前に腹ごしらえ。

Dsc00768
シーサイドカザンのカレー。
今回は単品の中辛です。
そう、この味なんですよ、カザンのカレーは!

Dsc00769
ついでにデザートも。
以前あったシフォンは無くなり、このケーキセットのみ。
ちょうど焼き上がったところという事で、アツアツを美味しく頂きましたわーい(嬉しい顔)

Dsc00772
まだ見頃は来てないコスモスを見てから七曲がりへ。
ここはTTモードで行こうという事でフリー区間に。
岩見の信号から相生市の境までの約9km。
3年前に走った記録は18分48秒、今回は16分49秒でした。
かぷ~さんには付いていけなかったけど、ようやく人並みになったかな?

万葉岬はスルーして、ペーロン城で赤穂塩ソフト。
何だか味がちょっと変わってて残念・・・

ここから帰路へ。
2号線を走り、太子付近でバイパスの側道沿いを行きます。
しかし、ほとんど誰も走らない区間にてかぷ~さんがパンク!
Dsc00775
走ったところがかなり酷いので、なるべくしてなったというかあせあせ

その後は順調に走ってトマトにて点検。
BJCのきまぐれさんが先に点検中でした。
話してると、BJCツーリングの下見に行ってたというkobabeeさんが同じく点検に。
峰山から砥峰を重いバックパックを背負って走ったそうです。
その中身の缶コーヒーを奢ってもらいました。

点検後に解散。
調子悪いって、ほんまダメですね。
さて、大山までに調子よくなるかな?

初めての峰山TT

再来週の大山ヒルクライムに向けて、一度は10kmくらいの上りを経験しておかなくてはと言う事で、峰山へ行ってきました。
ちょうど予定が空いたというかぷ~さんも誘って一緒に。

メインはヒルクライムなので、朝はユッタリと。
ただ、体調は万全ではないようで、集合場所の福崎駅まで行くだけで疲れてしまい、不安が募ってしまってましたが。

Dsc00755
トマトHPに載っている峰山TTのスタート地点近く。
ここでドデカミンを投入してスタートです。

序盤はジワジワと上り、集落を越えた辺りから勾配がきつくなっていきます。
この辺りでは、この勾配が続くなら大丈夫やなって思いましたが、当然そんな甘くなく・・・
リラクシアへの分岐を曲がってからは、ガーミンが10%超の勾配表示を続けてました。
それでも、心が折れそうになることなく走り続けて完走です。
タイムは41分2秒。
初めてにしては満足なタイムでした。
かぷ~さんはここから1分遅れ、結構差がついてるかなと思いましたがあせあせ

Dsc00757

Dsc00759

峰山TT http://yj.pn/ujKgPq

Dsc00761

Dsc00762

Dsc00764

帰りはそのまま引き返す事に。
下りはかぷ~さんに任せてダウンヒル。
上るのは良いけど、下るのは辛いです。

お昼は水車公園にある、こっとん亭で麦とろ定食。
ここまで来たら、馬車道ラーメンの方が満足出来ましたねあせあせ(飛び散る汗)

ついでにデザート行こうと言う事になり、プレイスで評価がついてた足湯カフェへ。
加西三坂の途中にあるせせらぎの湯の中にあります。
なので、TTで脚を使い切ってた僕はかぷ~さんに曳いてもらうも付き切れ・・・
ヘロヘロになってデザート。

プリンセット。
ぜんざいにしたら良かったな~

ここからは釜坂を通って帰路へ。
しかし、やはり脚がないのでヘロヘロになって上ります。

結局、かぷ~さん宅から車で家まで送ってもらうという体たらく・・・
一瞬で脚を使えるけど、持久力の無さを実感した1日でした。
とりあえず、大山ヒルクライムを完走できる自信は付きました。
峰山の方がきついそうですし。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »