フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 久々のRSR | トップページ | 一日おいてから回復走? »

真夏の播中3時間

播磨中央公園での耐久レース。
これまでは実業団のレースでしか行われてこなかったフルコースでの開催。
これは最初で最後かもしれない!という事で参加してきました。

参加クラスは3時間ソロ。
スタートは11時。
こんな暑い時期の日中に、3時間も走るなんてどうかしてますcoldsweats01

朝は、いつもは乗せてもらってばかりのかぷ~さんを迎えに行き、現地へ。
予定時間を過ぎてしまうのはお約束・・・

指定の駐車場で準備して、BJCの面々とご挨拶。
特に、じゅんきちさんは60キロを自走で現地入りしてました。
スゴい!

試走で1周してコース確認。
前半ややフラット、中盤はいつもの3キロのアップダウン、後半もややフラット。
7.8キロは長いような短いような、そんな感じです。

空気入れを忘れていまい、ゼッケン取りに戻るついでにのぶさんにお借りしました。
大変助かりましたhappy01

Dsc00313

そして気がつけばスタート時間。
時間的に事前の補給が難しいので、ゼリーを一つお腹に流し込みスタート。
途中は水とアミノバイタルで繋ぎます。

最初の1時間は1時間ソロの人と一緒なので、そのゼッケンの人とは絡まないように。
1周目は様子見でしたが、終わってみればベストラップがこの1周目でした。
1時間が過ぎる頃には、喉の渇きよりもお腹が空いてきた事の方が辛くなってきました。
ちなみに、かぷ~さんと一緒にローテーションする予定が、まさかのパンク魔王降臨で離脱されてしまい、単独走になったのも痛かった!

この1時間が過ぎると、コースは3時間ソロとチームの選手だけになります。
まだ余裕はあったものの、ペースは全然上がらず。
1時間にしとけば良かったな、とか思いながら走ります。

この後はひたすらペダルを回して走るのみ。
しかし、それも2時間を過ぎると、足の裏の痛みで満足に踏み込む事も出来ず。
下りになれば脚を止めて惰性で走り、上りはインナーに入れてジワッとすすみ・・・
最後の1時間は辛かったです。

それでも、結局1度も脚を付かずに走りきって、何とかゴール。
途中のボトル入れ替え、アミノバイタル補給も走りながら出来ました。

リザルトは真ん中より後ろでした。
最下位じゃなくて良かった・・・・

しかし・・・
こんな真夏の気温で3時間もノンストップで走るなんて、ホンマどうかしてるsweat01

ログはこんな感じ。
http://yj.pn/bEjRbF

« 久々のRSR | トップページ | 一日おいてから回復走? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々のRSR | トップページ | 一日おいてから回復走? »