フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

1日3回のパンクとニューサドル

前日、かぷ~さんから鳥取に遠征するという話を聞いたものの、さすがに朝起きれそうにないなということでお断りを・・・
そもそも、予報では雨で、走りに行けそうになかったはず。

で、全然天気も大丈夫だったので、赤穂へ塩分補給のためにB級グルメ赤穂塩ラーメンを求める事にしました。

いつものように浜国を進んでいきますが、揖保川を渡ろうかというところでパンク。
ガッツリ、細い釘が刺さってました。
仕方ないので、久々に炎天下でチューブ交換。
交換完了して、さあ再出発と跨ったところで再びパンク。
バルブの根本から空気が漏れてるので、劣化のパンクの様子。
虎の子のミシュランエアコンプだったのに・・・
最後の一本、ボントレガーレギュラーチューブに交換して再スタート。
チューブを使い切ったので、トマトへ向かいます。

チューブを2本買うと、かいちょうさんが居るのに気がつきましたあせあせ
パンク寸前にこちらに気付いて手を振ってくれていたとの事。
全然気がついてませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと休憩して、当初予定は変更して久々のカレーを食べに。
龍野方面から回って揖保川沿い、岩見坂経由で走ります。
Dsc00432

土日のみの営業ですが、その土日も賑わってるというほどではないのが行きやすいです。
Dsc00438

Dsc00441
前に来た時よりもメニューがシンプルになってます。
選べるカレーは1種類、辛さが甘口、中辛、辛口と3つ。
セットと単品だけになってました。
前にあった丼とかペット用メニューが無くなってます。

注文したのはセットの甘口。
Dsc00435
これは失敗・・・
ここのカレーは後からやってくる辛さが魅力なのに、甘口ではそれがゼロ。
それにサラダは要らんかった。
次行く時は失敗せんようにせんと。

ここまで走って50km。
まだ余裕があるので七曲がり往復、でも万葉岬はスルー。
室津でヒルクライムしてから帰路へ。

Dsc00442

Dsc00444

が、しかし・・・
網干臨海大橋を渡りきったところで、本日3度目のパンク発生!
スローパンクみたいだったので、空気入れて誤魔化すも5分持たないし・・
結局、買ったばかりのチューブに交換しました。
1日3度のパンク、何かの称号もらっても良いかも・・

気を取り直して再出発。
途中でメーター見ると90kmだったので白浜方面まで走って距離偽装。
さらに家の周りも2周して無理矢理100kmまで。

今日は脚も余ってしまうほど、精神的に疲れた・・・


さて、本日のもう一つの目的。
それは粉-Cさんから譲ってもらったサドルのお試し。

Dsc00445

Dsc00447
プロロゴ、スクラッチプロ。
ブラックにちらっとグリーンが映えます。
色味的にアンタレスのチームグリーンよりも魔丼にしっくりきますね。
プロロゴは初めてだったのですが、何の問題もなく100kmいけました。
アンタレスに比べると、座り心地に違和感がありますが、これは慣れの問題かと。
200km走った時にどんな感じになるのかが気になりますが、それはアンタレスでも手探り状態なので、このままこのサドルで固定かな。

連休最終日はハヤシライスポタ?

今日で連休は終わり。

最終日は加西三坂は止めて、生野へハヤシライスを食しに。

案内役はかぷ~さん。
いつものように福崎駅集合で、いつものルートで生野まで。

Dsc00392

Dsc00396

生野駅すぐ側の「ろくろぐ」さんで。Dsc00398

Dsc00399
量は物足りなかったですが、美味しかったですわーい(嬉しい顔)

ここから先はオプションの黒川ダムへの上り。
上りって言っても坂を上るわけじゃないですが。

生野までに脚を使い切ってしまったため、ずっとかぷ~さんに引いてもらいます。
で、ダム。
Dsc00404

せっかくなので上まで行きます。
Dsc00408

Dsc00410

良い景色です。
Dsc00412

激坂見物してから下ります。

おやつにPancaさんのパン。

Dsc00413
店の前で美味しく頂きました。

帰りももちろん、かぷ~さんの引きで。

今日はポタのはずが、かぷ~さんの力強い引きでポタになってなかったような。
というか、自分の力無さに愕然としましたね・・・

魔丼で走ってパンを食す

今日はパンを食べに岡山まで。
岡山って言っても、県境です。

朝起きてから行く先を決めたので、9時前の出発。
帰りにトマトで点検してもらう事を念頭に、以前連れて行ったもらった時のルートを行きます。
越える坂は、二木峠、椿峠、船坂ポンプ場前、青木功GC前、山伏峠。
その他、いくつかのコブを行きます。

まあ、一応。
Dsc00372
この辺りはソフトバンクは圏外なため、一切つぶやけません。

このルートの最高点、山伏峠。
Dsc00375 Dsc00378

山奥のパン屋「木立」さん。

Dsc00374

今回のパン。
Dsc00373

後で気がついたんですけど、量が少なすぎました。
ここ最近の小麦粉価格高騰の影響か、どこのパン屋さんでも値段据え置きの少量化になってるような・・・

早めの時間に着いたので、食べてる間は貸し切りでした。

帰りは安室ダムから下ります。

Dsc00390

写真では高さとか、全然伝えられません。
特に、上からの写真なんて全然ダメでした。

ダムを下ってからの、1~2%の下り勾配が堪りません!
弱向かい風でしたが、35km/h巡航。
脚があれば45km/h巡航とかいけそうです。

帰りは坂を避けるように道を選び、2号線経由でトマトへ。
点検だけしてもらい、まっすぐ帰宅。

帰ってからカイタイに乗り換えて散髪へ。
お腹が空いたので、パンも追加。
わざわざ山奥までパンを食べに行ったのに、近所で普通に美味しいパンを買ってしまうって。。。

RSRで蕎麦ポタ

せっかくの連休も、全くの無計画なのは例年通り。
とりあえず自転車があれば、予定は埋まります。
雨さえ降らなければ、ですけど。

今日は蕎麦を食べに小野へ。
前回行ったのはもう少し寒い頃だっけ?

途中の加古川右岸道で。
Dsc00350

Dsc00352

程なく到着。
真夏に頼むのはやっぱり冷たい蕎麦。Dsc00355
とろろ蕎麦定食。
夏はやっぱりコレ!
相変わらず美味しいです。
そういえば、蕎麦屋さんってここ以外ほとんど行ってない気がする。

この後はデザートが食べたくなったので、この前食べ損ねたジェラートへ。
滝野の「パスコロ」。
基本はネット販売ですが、店舗でもその場で食べられ、今回が初めてになります。
頼んだのは、ミルクと陽子のヨーグルトとのダブルコーン。Dsc00356
さっぱり、ほどよい甘さのミルクと、あっさりしたヨーグルト。
わざわざここに走ってきて食べる価値アリ!と僕は思います。
以前行ったビッグママほどの種類は無いので、選択肢は限られますけど。

後は帰るだけ。
権現湖経由から高砂まで下って、以前から行ってみようと思ってたインフィニティへ。
こちらのショップは「ぷらっときすみの」のサイクルスタンドを寄贈されてます。
ちょっと道に迷いながら到着。
思ってたよりも品揃えがあり、なかなか良い感じの店でした。
スキンズのスポーツシリーズが30%オフだったので、ロングスリーブを1枚買いました。
他では扱ってない商品とかも置いてあるようなので、何かの時にはまた行ってみようかと。

Dsc00359
小赤壁に寄ってから、おやつを買って帰宅。
120キロほど走りましたが、ずっと曇りだったので暑さにやられる事もなかったです。
それでもガリガリ君を2本とボトル1本を消費しました。

一日おいてから回復走?

播中3時間から2日経ちます。
昨日はラジコンを堪能してたので、今日になって回復走でもしておくかと。
ちなみに今日は世の節電の流れで、土曜の休日のうち、何日かが月曜へ振り返られの休み。
レース当日は、本来なら休みだったのに有休を取る事になってしまったのでした。

8時半出発、11時には帰宅の予定で、まずはいつもの通勤遠回りルートへ。
すでに気温は30度近くまで上がってます。
ずっと北上していき、9時半の時点で八重畑を過ぎた辺り。
行ければ法華山往復とふく蔵のアイスを食べたかったのですが、帰りの時間を考えてここでUターン。
帰りは同じ道を走るのは避け、山陽道の高架下を走ってみます。
高架の反対側を見てみたかったのですが、ちょっと怖かったので・・・

このまま帰ると早めの帰宅になるので、ちょっと寄り道。
一度行ってみようと思ってた仁寿山。
ここに自転車で行くっていうのは、あまり聞いた事なかったんですが、行ってみてよく分かりました。
入り口の時点で車で上がれるん?みたいな道。
舗装はされてるけど、道幅が無くて勾配もきつい。
いくら上っても山頂に着きそうにないので、心が折れて脚を付いてしまいました・・・
上を見上げると、電波塔が見えてるので押して上がります。
押して上がる方が速いのは何とも・・・
しかし、こんなにも上れないとは思いませんでした。

何とか山頂に着きました。

Imag0330

眺めはすっごく良かった!
幻の夜景ポイントなんて言われてるらしいので、夜来たら感動するかも。
けど、ここに来てカメラを忘れてるのに気づく・・・

ちなみにこんな所 http://yj.pn/pP0y4C
GPSデータなので高度とか正しくないですが・・・
平均勾配は14%ほどなので、ロードで上る方が良いですね。

下りは、もちろん上ってきたペースと変わらないスピードでsweat01
急勾配を下るなんて、僕には出来ません!

で、今日は回復走だったのか?
カイタイで出かけたので、多分そうだと思います。

真夏の播中3時間

播磨中央公園での耐久レース。
これまでは実業団のレースでしか行われてこなかったフルコースでの開催。
これは最初で最後かもしれない!という事で参加してきました。

参加クラスは3時間ソロ。
スタートは11時。
こんな暑い時期の日中に、3時間も走るなんてどうかしてますcoldsweats01

朝は、いつもは乗せてもらってばかりのかぷ~さんを迎えに行き、現地へ。
予定時間を過ぎてしまうのはお約束・・・

指定の駐車場で準備して、BJCの面々とご挨拶。
特に、じゅんきちさんは60キロを自走で現地入りしてました。
スゴい!

試走で1周してコース確認。
前半ややフラット、中盤はいつもの3キロのアップダウン、後半もややフラット。
7.8キロは長いような短いような、そんな感じです。

空気入れを忘れていまい、ゼッケン取りに戻るついでにのぶさんにお借りしました。
大変助かりましたhappy01

Dsc00313

そして気がつけばスタート時間。
時間的に事前の補給が難しいので、ゼリーを一つお腹に流し込みスタート。
途中は水とアミノバイタルで繋ぎます。

最初の1時間は1時間ソロの人と一緒なので、そのゼッケンの人とは絡まないように。
1周目は様子見でしたが、終わってみればベストラップがこの1周目でした。
1時間が過ぎる頃には、喉の渇きよりもお腹が空いてきた事の方が辛くなってきました。
ちなみに、かぷ~さんと一緒にローテーションする予定が、まさかのパンク魔王降臨で離脱されてしまい、単独走になったのも痛かった!

この1時間が過ぎると、コースは3時間ソロとチームの選手だけになります。
まだ余裕はあったものの、ペースは全然上がらず。
1時間にしとけば良かったな、とか思いながら走ります。

この後はひたすらペダルを回して走るのみ。
しかし、それも2時間を過ぎると、足の裏の痛みで満足に踏み込む事も出来ず。
下りになれば脚を止めて惰性で走り、上りはインナーに入れてジワッとすすみ・・・
最後の1時間は辛かったです。

それでも、結局1度も脚を付かずに走りきって、何とかゴール。
途中のボトル入れ替え、アミノバイタル補給も走りながら出来ました。

リザルトは真ん中より後ろでした。
最下位じゃなくて良かった・・・・

しかし・・・
こんな真夏の気温で3時間もノンストップで走るなんて、ホンマどうかしてるsweat01

ログはこんな感じ。
http://yj.pn/bEjRbF

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »