フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 仮想小豆島ライド | トップページ | 連休最終日 »

小豆島1周ポタリング

詳しいルートはこちらで。
http://yj.pn/mZLJXL

初めての自転車で小豆島1周してきました。
一緒に行くのは、かぷ~さん。
shin1さんも予定してましたが、事情により不参加となりました。

朝イチのフェリーで小豆島へ。
乗り場まで、家から10分足らずという好条件です^^
淡路だと、どう転んでも1時間以上掛かるだけに楽ちんです。

2011_05020002 2011_05020011
船に乗り込むと、係の人が足元を見て「これに履き替えてください」とスリッパを渡されました。
クリートで船内を歩かないで欲しいようです。
でも、帰りの船ではバタバタしてたのか、渡されず。
良いのか?それで。

1時間40分の船旅。
船内には他にもローディさんやクロスな方、なぜか輪行スタイルな方がいました。
バリバリな感じの人は2,3人だけ。
しかし、一切の交流は無し!

とりあえず朝早いので、船内で仮眠します。
グー眠い(睡眠)

気がついたら福田港に到着。
2011_05020012

今回の行程は時計回りに牛さんでルート行きます。
走れる海岸線は全部走る予定です。
港を出て左折。
いきなり坂が始まって・・・って聞いてましたが、その通り。
勾配自体は思ってたほどではなく、緩めの七曲がりな感じ。
とにかくアップダウンが続くので、無理せずにマッタリと。
かぷ~さんと先頭交代しながら9時40分頃に本日ルートの最高点に到着。
なんや~、意外とあっさり来れるやん!って思ってしまいました。
スイマセン、後のアップダウンを忘れてました・・・

2011_05020015
ここは写真を撮るために、最高点から少しくだった所。
この先は、後ろ足をグルッと回ります。
思ってたよりも舗装状態が良く、振動に悩まされることなく順調に進みます。

2011_05020018
ほどなく灯台に到着。
しかし、本物の灯台なので一歩も近づく事は出来ず。

岬はスルッとスルーして北上。
坂手港に入り、当初予定してた昼食は時間が早すぎるのでスキップ。
と、分教場に行く信号で、佃煮ソフトの文字が!
もちろん、行くしかない!

2011_05020020 2011_05020021
どんな味なん?ってドキドキでしたが、むっさ美味かった!
星形の昆布もなかなかマッチしてます。
予定外のソフトクリーム、次来た時も絶対食べる!
ちなみに店は佃煮専門店です。

分教場はスルーして、次の目標は醤油ソフト。
2011_05020024 2011_05020023
マルキン醤油の売店にて。
ん、そんな感じですね。
次はいいや。

牛のお腹を西へ。
目に入ったオリーブ公園の看板。
もちろん、オリーブソフトがあるものと思って短い坂を上ります。

2011_05020027
ありました、オリーブソフト。
ほぼ、バニラですね。
もう一つあった、ハーブモカが次回の狙い目です。

ここからは前足ルートへ。
序盤から快適で順調順調^^

2011_05020091
南の方で道を迷いますが、佃煮ソフトで出会った方との再会により、ルート復帰。
しかし・・・ここから14~15%の坂が延々と。
1kmちょっととは言え、しんどい!
次からはここはカット決定。

2011_05020095
ほぼ最南端の所にある灯台に到着。
何もないです。

2011_05020096
ここから北上、村落を抜けると再び山岳コース。
7~8%の上りを、かぷ~さんと語らいながら上ります。
一瞬、脚力アップ?とか思いましたが、追い風だったようです。

上りきってからは爽快なダウンヒル。
スムーズに下るかぷ~さんを見ながら、ホンマ気持ちいい下りでした。
下り好きな方は是非行ってもらいたいです。
ガードレールがないとか、いきなり車線がせまくなるとかありますけど^^;

しばらく行くと、小豆島ふるさと村の看板。
もちろん、なにかのソフトがあるものと思って立ち寄ります。
ここはメインの道から離れてるせいか、人は少なめ。
気がつけば、お昼も過ぎてたので、まずはちょっとだけお腹を満たします。

2011_05020100
手延べそうめん1人前。
ガッツリと大盛りでも良かったのですが、土庄でお昼の予定なので控えめに。
かぷ~さんはこの後、スモモソフトに挑戦してました。
僕はお腹の具合と相談してスキップ。

しばらく走って、土庄町内に突入。
お昼は後にして、牛の鼻先を回ります。
こちらは普通に回っただけです。

で、お昼。
2011_05020101
マルセって言う店の海じまん定食。
お腹ぺこぺこで来てたら物足りない量ですが、すでにそうめん一人前食べてますから。
これ、冷やしそうめん、にゅうめん、豚汁を選べるんですが、にゅうめんを選択。
でも、食べてから豚汁にしとけば良かったと後悔。
だって、さっきそうめん食べたばかり。。。

食べ終わり、今回の目的の1つ、世界最小の海峡を見に行きます。

2011_05020107 2011_05020108
ただの川のようです。
でも、潮の香りがします。

2011_05020103
100円払って、海峡横断証明書もらいました。

さて、あとは北上して帰るだけ。
序盤に比べれば、アップダウンと言ってもきつくないです。
でも、こんだけ坂を上れば疲労は確実に溜まってます。
「しんどい」「下りは要らんから、もう上らんといて」「下りだけやったら」とか二人でブツブツ言いながらペダルを回します。
最後の休憩ポイント、大阪城残石記念公園で休憩とお土産確保。
ガッツリ買い込みたかったんですが、自転車なもので最低限だけ。

残り10数キロをひいこら言いながら進み、16時30分に福田港に帰還。
間に合って良かった。

今回初めての小豆島1周。
僕ら以外に1周してる人はいなかったようで、前足や後ろ足、鼻先で自転車には出会わず。
ロードの皆さん寒霞渓が目的なんですかね?
クロスな人は分教場とかに走っていったので、ショートカットの観光巡りかな。

感想ですが、アップダウンは確かに連続しますが、七曲がりを休憩無しで往復できるくらいの脚力があれば問題ないようです。
無理しないっていう前提でですが。
実際、勾配は緩め、下りはキッチリ同じだけやってくるので、脚を休められます。
景色も良いし、ホンマ快適です。
ただ、ミニベロだったら快適度はロード比70%くらいに落ちるかと。

でも、往復3800円の船賃と合計3時間20分の船旅はちょっとしんどいかな。

« 仮想小豆島ライド | トップページ | 連休最終日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮想小豆島ライド | トップページ | 連休最終日 »