フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

10月の月間走行距離

10月の走行距離
 kaitai
  走行距離   425.2km 
  平均時速   23.27km/h
  走行時間   18時間16分17秒
  消費カロリー 9875.5kcal

 オーラ
  走行距離   337.7km 
  平均時速   24.97km/h
  走行時間   12時間46分28秒
  最高速度   51.0km/h

 合計
  走行距離   762.9km 
  走行時間   31時間2分45秒

オーラを買った事によって、kaitaiの走行距離はガクンと落ちました。
合計だと初めての700km越え。
オーラは4回だけの走行だったので、もうちょっと走り込みたいです。

ほどほどに

周りには夏の格好でも全然平気ですよ!なんて言ってたのに、急な寒さに耐えきれませんでした。
今日は張り切ってヒートテックの重ね着、冬用グローブ、ウォームキャップのほぼ冬装備。
家を出る前から良い感じに暖かかったので、走り出して2,3分で暑くなってきました。
さすが冬用はひと味違うとか思いつつ、会社に着く頃には真夏並みの汗かきぶり。
今日は大失敗でした。
明日は通常+ウォームキャップで。

急に寒く・・

昨日まで、全然余裕でいつもの格好でした。
しかし、今日の朝は厳しく感じました。
体と腕と足は問題ないですが、頭と耳が会社に着いた頃には痛くて・・
確かに昨日よりもヒンヤリしてましたが、ここまで差が出るとは。
という事で、パールイズミのウォームキャップを買いました。
早速、被って帰ってきましたが、ちゃんと周りの音は聞こえるし、暖かくて快適です。
暖かすぎて、いつもより汗が出てましたが。

気がつけば冬用装備はアンダーウェアのユニクロ以外、すべてパールイズミで揃ってます。
後、足りないものと言えばネックウォーマーと靴下くらい。
乗り初めの頃にはパールイズミのHP見て、こんなの着るのはちょっとなあとか思ってたのに、今やパールイズミが一番お買い得なんて考えてるのには自分でもちょっと驚きだったりします。

帰りのアタック

久しぶりに広峰アタックに行ってみようかと思いましたが、暗くなるのが早すぎるので止めておきました。
下りも、どう考えても寒すぎるので。
代わりに手柄で済ませておきます。
代わりと言っても毎日行ってるんですが。
ついでに色々付け方を変えてみたヴェロムービーを試してみました。
風切り音も少しマシになり、揺れも僅かにマシになったような気がしますが、どうでしょう?

出番はまだか?

朝晩の冷え込みも徐々に進んできて、毎日の通勤もじわりじわりと辛くなりつつあります。
でも、いざ走り出せば5分ほどで汗をかくくらいになるので、せっかく買った冬用装備の出番が回ってきません。
と、同じような事を10月の初めにも書いてますが、そこから3週間ほど経っても変わってないのは今年の秋が余程暖かいから?
しかし。
パッと周りを見渡せば、この時期に夏と同じ格好をしてるというのは確実に浮いてます。
早くウインドブレイクの上下を着たい!
でも、その前に冬用グローブの出番の方が早そうです。

オーラで赤穂御崎まで

お楽しみの、休日にだけ乗るオーラの出番です。
今日は先週に続いて西へ。
一応の目的地は赤穂御崎です。
先週ニアミスだったMazokaさんのルートも良いなと思い、余力があれば回ってみるつもりでした。

いつものように浜国を真っ直ぐ西へ走り、途中のコスモス畑で小休憩。
2008_10250001
今が見頃ですね。
そして、七曲りへ。
以前、わぁぷさんの日記で七曲りTTというのをやられていたので、真似してアタックしてみます。
ただ、今のスピードメーターにはラップカウンターが付いてないので、腕時計のストップウォッチで計測。
アタックと言っても、全行程の序盤なので無理せず、上りはゆっくり、下りも最小限のペダリングです。
岩見の信号をスタートし、万葉岬の入り口まで。
タイムは18分46秒、距離はカウントされませんが約9.2kmという事で平均は29.4km/hになりますね。
万葉岬手前の上りをもうちょっと頑張れれば18分前半はいけそう。

2008_10250002 ここまで来た勢いで万葉岬を上ってみましたが・・・
地図で見てるといけそうではあったんですが、ここまでで断念。
後で見たら、数十メートルで上までいけたんですけど・・
で、こんなことやってるから、後で大きく減速する事になってしまうのでした。
気を取り直して相生市内を走り、ペーロン城でトイレ休憩。
しばらくゆっくりした後、赤穂へ。
ルートは海岸沿いなので、高校の所で左折し、坂を上っていきます。
車やバイクで走ってると何でもないような坂ですが、万葉岬のダメージかペダルは結構重いです。
2008_10250003 そんなこんなで、定番のポイントで一枚。
ところで、ここの二つのトンネルですが、何故か40km/hくらいまでペースが上がってました。
トンネルって何かの力というか、そんなものでもあるんですかね。
ただ単にトンネルが怖いから、という気もしますが。
淡々と道を進み、坂越に入るところの坂を下って、早めのお昼ご飯にしました。
海の駅しおさい、何度かこの前を通ってますが入るのは初めてです。
2008_10250005
これもMazokaさんの写真見て食べたくなったので。
でも、あえてカキフライ巻だったりします。
2008_10250007

ゆったり休憩した後、赤穂御崎へ。
2008_10250010_2 二輪通行禁止の区間を走り、昔キャンプしたなあとか思い出に浸りつつ、20分ほどで御崎の休憩所に到着しました。
ここも思い出の場所だったりしますが、後悔の方が大きいので良い場所ではないです。
早々にここを後にして、グルッと回って赤穂市内へ。
下りがタイルだったので、かなりしんどかったですが。
赤穂線廃線跡を走ってみたかったんですが、地図を忘れたので千種川沿いを北上して高取峠から帰る事にしました。
この高取峠、まさか自転車で走る事になるとは思いませんでしたね。
上りは我慢、下りはサミュエル・サンチェスの気分でダウンヒル。
下りでは良いタイミングで前後に車がいなかったのでラッキーでした。
七曲りはパスして、竜野駅経由王子橋、東芝前を通過して夢前川。
すでに300kmを越えてるので初回点検のためトマトへ。
もちろん特に問題なしでしたが、坂を上る時にカタカタと音がするので気になってる事を伝えると、ヘッドのベアリングらしい。
オーラはこのベアリングがかなりグレードが低く、距離に関係なくこういう事があるらしいです。
高級ベアリングに交換すると9000円(!)なので、一度ばらしてグリスアップして様子を見る事に。
家までの帰りに坂はないので高価は確認出来ませんが、来週以降にどうなってるか。
9000円か~

それにしても疲れた~
takaさんの、ロードには少し早いかもというのは当たってる気がします。
慣れてはきたものの、乗りこなせてる感はまだ無く、オーラの性能を引き出せてないみたいです。

今日の走行:距離98.75km、平均24.7km/h、最高速51.0km/hでした。

容疑者X

休日には雨が降らない限り、自転車を優先させる。
という事を心に決めたので、会社帰りに映画を見てきました。
金曜の夜とはいえ、がら空きの館内。
いや、金曜の夜だからか・・
全席指定だし、という事で30分前にチケットを買ったので、時間が余る余る。

テレビ版のイメージで見ると何か納得いかない感じでしたが、これはこれでアリだと思います。
さて、後は電王を見に行けるかどうか・・

北海道物産展

午前休暇を取って、山陽百貨店の北海道物産展に行ってきました。
目的は、みんなで食べるシュークリーム11個とお昼の弁当、そして白い恋人。Sbsh0023
平日の昼間なのにすごい人人人。
10時キッカリに6階まで上がってきて、この状況でした。
シュークリームと弁当は後回しにして、すでに行列が出来てた白い恋人をまず確保。
気づくと、後ろにはさらに人がどんどん並んできてました。
Sbsh0025
お昼の弁当は奮発して1995円。
イクラって、こんなに美味しかったんですね~

雨中の走行

夕方からの雨は予想通り。
会社を出た時には運良く雨は上がってました。
路面は濡れてましたが、寄り道せずにゆっくり帰れば問題なし。
と思ってたら、会社を出てすぐくらいにパラパラッと降ってきました。
やや強く降り出したので、最短距離を安全運転に気を付けつつ、全力で帰宅。
以前にも一度、雨の中を走った事はあり、その時はびしょ濡れになるほどではなかったんですが、今回は結構濡れました。
明るいうちにフレームその他を綺麗に拭き上げておきました。

明日も雨。
最近弛んでるので、当然車で出勤です。

直線テスト

直線で前を行く軽4を追い抜いてみました。
僕が速いのではなく、軽4がゆっくり走ってるから。

手柄山は猫がいっぱい

夏頃から徐々に増えてきた手柄山の猫たち。
この前も餌もらってたり、写真撮られたりして、すっかり馴染んでます。
2008_10210001
まだ小さい子猫は近寄ると逃げますが、これくらいの猫は動じません。
朝日に当たって、気持ちよさそうに微睡んでて、ちょっとうらやましい。
息を切らして上ってきた後だと癒されます。
特に猫好きではないんですけど。

これも買っちゃいました

以前、click329さんに紹介してもらった、自転車にカメラを固定出来る器具。

ヴェロムービーも買っちゃいました。

朝はバタバタしたので、帰りに取り付けて手柄山で試してみました。

手柄山の上り」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

とりあえず上りです。

続いて下り。

取り付け方が悪く、振動が多いですが、思ったより酔う事もなく見れます。

無駄遣いじゃありません!

今日は夕日は雲に隠れて見えません。
2008_10200002

オーラ購入前後から、冬装備だけでなく色んなモノにお金を使ってます。
すべて実用品です。
が、自転車に乗らない人からすれば理解出来ないようで・・
例えば、コレ。
2008_10200005_3 
レプリカジャージを手に入れてから、こういうのにしか興味が無くなってしまってますが、普通の人からすれば何やってんの?という感じみたい。
夜はともかく、明るいうちは以前より車が大きく避けてくれてる気が。
という効果がある、と信じたいです。

それからクォーターパンツ。
ずっと穿いてるユニクロのが限界に近づきつつあるので、思い切ってパールイズミを買ってみました。
さすがに専用品だけあって、履き心地は抜群です。
耐久性があるかは微妙ですが、来年の今頃まで持ってくれれば。

さらにライトを追加し、小物も数点。
その前に買った冬装備入れると、通販のTRF416並の出費です。
ん?それを考えると結構安いですね。
それに普段着もしばらく買う必要が無くなったし。

オーラで七曲りを行く

昼からmotoGPとF1の中継があるので、午前中だけ走ってきました。
来年の年賀状に使う写真を撮るための下見を兼ねて、七曲り経由相生行きのルートにします。
ロードのメッカである七曲がり、車で走ってる時にはほとんど見かけた事が無かったんですが、今日は少なくとも20台くらいすれ違いました。
2008_10190001 まずは岩見の過ぎた先から漁港の風景。
鈴なりの釣り人が見えます。
朝日を撮るなら、このポジション辺りが良さそう。
うまく漁船が出てて、上空に少し雲があればイメージする画になると思います。
続いて室津に向かいます。
一応下に降りてみますが、下からだと今ひとつ。
橋の上からでもイメージにほど遠く、その先の砂浜からなら何とか、という感じです。
相生までの間にも良さそうな場所はありますが、止めて撮影というのは危険な香りがします。
2008_10190004 いくつものアップダウンを過ぎ、相生市内へ。
そのまま道の駅まで進んで、本日はここまで。
初七曲りでしたが、思ってたよりはスムーズに走れました。
それなりに疲れはしましたが、ロード効果は大きいような気がします。
メーターを見ると家から約31km、約1時間、平均28km/hほどです。
記録してなかったのでうろ覚え^^;
しばらく休憩して、引き返します。
北に上がって竜野駅経由で帰ろうかなと思いましたが、ここは経験値を上げるために七曲りを選択。
復路となる帰り道、行きより坂がきついです。
2008_10190006 一旦、万葉岬近くのここで休憩。
前からここで停まってみたかったんです。
が、ここからの景色は目の前の木が邪魔で全然ダメでした。
ここから先は信号とムサシでのドリンク補給以外は休憩せずに家まで。
七曲りを過ぎてからは平坦なのに一気にペースダウンしましたが、それでも今回は飛ばしすぎないようにペースを抑え気味にしたので、脚が止まってしまうほどではなかったです。

今日の走行:距離63.05km、平均27.6km/h、最高速46.7km/hでした。

どこに向かうか?

週末用のオーラが来て、必然的にkaitaiの走行距離は減ってきます。
通勤と買い物だけだと、走ってせいぜい1日30kmほど。
暗くなるのが早いと、家に帰るのも早くなってしまうので、これから先さらに減っていく予定。

2008_10180005

夜景を撮りに

それほど走ってないのに太ももがパンパンなので、今日はノンビリと姫路城へ。
会社を出るのがいつもより遅めだったので、良い具合にくらくなってきてますが・・
いまだにカメラを使いこなせてないので(夜景モードのみシャッタースピードが選べるという事を昨日知ったくらい)、イメージするようなのは撮れてません。
三脚を持ってこなかったのでぶれるし。
カメラも自転車も練習の繰り返しですね。
2008_10170009 2008_10170018 2008_10170040
そんな今日は久しぶりに平均が20km/hを切って、かなりゆったりした走行でした。
帰りも手柄登ったら良かったかな。

偽ジャージの効果

オークションで入手したチームハイロードの偽ジャージ(推定)ですが、GIANTのロゴさえ気にしなければ、そこそこ目立ってくれるので気に入って着てます。
が、正規品ではないために多分素材も違うらしく、15分ほど走ると熱が籠もって暑いです。
初めて買ったモンベルとは大違い。
しかし、この季節だと暑くなりすぎるくらいでちょうど良いので、これはこれで有り難かったり。

会社を出る時、「これから野球か?」と聞かれました。
確かにアームウォーマーしてると、そう見えなくはないですが・・・
半ズボンでは野球はしないと思うけど・・

2008_101600012008_10160006

ドラフティング

今日は気分を変えて、いつもの夢前川ルートでなく、網干まで行って帰ってくるルートにしました。
ひたすら真っ直ぐ走り、浜国に出ても、またひたすら真っ直ぐな道。
車も多いので、危険と言えば危険ですが、ある程度のスピードで走るには楽で良いです。
車が風除けになってくれるので、車列が切れると早く車来い!と思ってしまいます。

浜国を快調に走ってると、1台の原付が追い越していきました。
ちょうどムサシから夢前川を渡る所。
この原付が40km/hくらいでゆっくり走ってたので、ちょっとペダルを踏み込んで後ろに張り付きます。
橋を下って、そのまま楽チンな走行をさせてもらい、原付がミドリ前の直進車線に寄ったところで追い抜きました。

で、よく考えたら無茶苦茶危ないことしてました。
原付の人は多分、僕の事に気がついてなかったのでは?と。
まさか自転車が、自分がゆっくり走ってるとはいえ、後ろにピッタリ付いてるなんて想像も出来ないはず。
急ブレーキでもされたらと思うと・・・
以後、気を付けたいと思います。

kaitaiとオーラ、その2

思ったより疲れが溜まってたようで、雨を言い訳に車で出勤。
楽チンな車ですが、全然楽しくないです。

オーラ、昨日走ってみて、まだまだ乗りこなせてない事を実感してます。
鍛えるつもりは全然無いんですが、ある程度はやっておかないと。
kaitaiは速く走れないけど、やはり楽です。
慣れだけの問題と思いますが。

2008_10140001 と、その前にちょっと模様替え。
やっぱりタイヤ外すのが面倒くさいし、付ける毎にモタモタしてしまうし。
こういう置き方しても問題なく、これでおかしくなるようなら保証で大丈夫との事。
これで、朝は空気入れるだけで走り出せます。

昔の写真

ひでぼんRさんの日記でビートの事が書かれてて、僕もそういえば何枚か写真撮ってたな、と思いゴソゴソ。
Img001
この写真は買ったディーラーで売却する日に撮ったはず。
日付からすると2年ほど乗ってた事になります。
この次の日くらいに2輪の250マグナの納車があり、ビートの売却代で支払いをしました。
そのマグナも事故の影響から一年経たないまま、売却しています。
勿体ない事しました。
とはいえ、その後の事を考えると、結局は車検の頃には売ってしまってたような気がします。

まだまだ慣れません

良い天気で、明石焼きを食べたくなり、家を出て2号線から明石を目指しました。
が。
2008_10130016 市川を北上中、ふと見るとメーターが脱落してました。
引き返して、道の真ん中に落ちてるメーターを回収出来ましたが・・・
形こそ残ってたものの、完全にクラッシュしてました。
このままメーター無しで走るなんて出来ないので一番安く買えるトマトへ。
痛いですが、同じものを購入。
ついでに軽く点検してもらって、疑問点も解決しておきました。
店を出る時には10時半、今の脚力ではお昼には間に合いそうにないので、加古川から小野に向かい蕎麦を食べる事に。
いつも知ってる道を走らせ、12時半頃店に到着出来ました。
しかし。
2008_10130017 予想通り、店の外まで行列が出来ていて、すぐには食べられそうにないのでコンビニでお昼を済ませる事に変更。
加古川河川敷の日陰で寂しくお昼・・・
そして、そのままマラソンコースを南下してスタート地点まで。
そして、そのまま帰宅・・・

で。
kaitaiでも同じような道を走ってましたが、疲れ具合が全く一緒でした。
ロードになればもうちょっと余裕が出るかと思いましたが、一人だとペース配分が全然出来てません。
ただ、距離85.78kmで平均時速25.9km/hなので、kaitaiの時よりは良いペースです。
ついでに下ハンやダンシング、走行中のボトル補給の練習が出来たのは収穫でした。

CTCC2008第7戦

1ヶ月ぶりのラジコン。
CTCC以外では走らせる事がないので、練習不足、メンテ不足です。
自分で設定したコースが難しすぎて、ツーリングはそれなりにしか走れず。
なのに、ミニになると予選タイムで1秒速く走れたりして、不思議というか何というか。
結果、ミニでは出遅れながら今季2勝目と、かなり満足です。
同じようなメンテ状態でも、こんなに違うというのは余程ミニに手が合ってるのかも。

整備できるか?

昨日、ディレイラー交換の一部始終を見てましたが、自分でアレをするのは無理っぽい気がします。
数をこなせば、と言われましたが、センスの方が問題かな?と思ってます。
kaitaiを買ってから、自分でするのはチェーンの注油と空気圧の管理だけ。
後はフレームを磨く事くらい。
ディレイラーの調整とか、ブレーキの調整とか全く触った事ないし、どこを触ればいいのか知らなかったりします。
このままで良いのか?と思いつつも、店に行けば無料で何でもやってくれるので甘えてしまいます。
オーラも、どこで買うか?と言うのが1/3くらいを占めてたりして。
もし3台目を買う事があれば、今度こそ思い切って独り立ち・・・

残すはクランクだけ

先日の広峰山TTで、どうにもフロントギヤのインナーに入りにくくて店で見てもらいました。
調整に調整をしてもらったところ、これ以上は難しいとの事。
坂道で踏み込んでのギヤチェンジはダメなんですが、ノーマルで付いてるディレイラーはしょぼすぎるし、これから広峰や他の坂道を登っていきたいので思い切ってXTに交換する事にしました。
ちょうど在庫もあり、その場で交換してもらう事になったんですが、チェーンを切るついでにリアも一緒に交換する事を決意。
まあ、そんな大げさなものではないんですが、次にもう1回チェーンを切るんなら、という事で。
2008_10100006 2008_10100004
これ見よがしなXTの文字が嫌らしいくらい。
乗ってみた感じ、変速のクイック感が気持ちよいです。
これで残すはクランクのみですが、デザイン的にXTのクランクは好きじゃないので、まだまだ交換は先になるでしょう、多分。

で、今日は何故かお知り合いが偶然にも来店してました。
まず、AIRさん。
SPDではないですが、ペダルを交換されてました。
SPDをプッシュしたんですけど^^;
2008_10100003 続いて、かぷ~さん。
先日購入されたという馥郁を受け取りに。
’08の青、00(ダブルオー)と名付けられてしまうそうで。
これ以降、山の中での自転車生活が始まるようです。

気がつけば閉店30分前まで長居してました。

都合3回の手柄アタックとジャージ

2008_10090001_2 今日も快調に手柄を登ってます。
ふと横を見ると、こんな目の前に鳩が止まってました。
猫、鳩、烏、その他虫など、割と自然豊かな(?)市内です。
そういえば、最近は散歩してるおじさんおばさんが居ない気がします。
良い季節なんですけどね~
2008_10090004_2 帰りも同じように登ってます。
定時近くの時間でも日が沈むのが早くて、夕焼けも早くに訪れてます。
そして、そのまま下っていくとメテオ君が登ってきてので、Uターンして今日3本目のアタック。
やはり、目の前に目標が出来るとペダルも何故か軽くなります。
後半の勾配でメテオ君を交わして山岳ポイントを獲得しました。
上りは一人よりも誰かと一緒の方が良い感じで登れるようです。

その後、テラオに向かい、注文してた冬用ジャージを受け取り。
さらにそこから1時間以上も色んな話を聞いたり、話したりと為になります。

2008_10090006 家に帰ると、先日落札した荷物が届いてました。
今は名前が変わってしまったチームハイロードのレプリカです。
上下セットで3000円でした。
そう、本物じゃないです、本物は2万円を越えるので。
もっとも本物は見た事ないんですが、ネット通販の多分本物品と比べるとデザインが微妙に違ったり、実物にはタグが無かったり、着心地が悪かったり、と安いだけはあります。
早速明日、これを着て出勤します。
どうせ、普通のレベルの人には本物かどうかなんて分からないし。

広峰山TT、今度は成功!

しばらくは行かないと思ってた広峰ですが、良い天気で気温も程よいので気分で行ってきました。
ただ、今日はスタート地点に行くだけで脚が重く、今回も完走は無理かと思ってました。

2008_10080004 が。
早めに軽いギヤに落とし、スピードを殺して、軽いペダリング。
相変わらずキツかったですが、足を着く事もなく、何とか完走出来ました。
ダンシングも一番キツい勾配以外は使わずに済み、結果的にこれが良かったかも。
走行距離 2.1km
平均時速 10.71km/h
到達時間 11分46秒

何とか前回を上回れました。
でも、トマトHPの記録を見ると、デュアルスポーツでこの時間だとまだまだダメですね。
2008_10080008

シューマッハ、お前もか・・

こんなニュースは、もう見たくないです・・
ピエポリさんはリッコと同時に解雇されたので、今頃?という感じですが。

あの走りに感銘を受けて、来年の活躍も期待してたのに・・
あれがドーピングの効果かと思うと本当に残念です。

kaitaiとオーラ

今日は朝の肌寒さもそれほどではなく、気持ちよく走れました。
一応、インナーはユニクロのヒートテックを着ましたが、ちょうど良い感じでした。
2008_10060001 帰り、JRの高架横の新しい道を走ってみました。
6月の夜に1度走ってますが、その時は新しい道だと気がつかなかったので。
高架が出来る前に線路があったところですが、もうちょっと距離があれば最高速チャレンジ出来そう。
その後、トマトに行って冬用タイツを受け取り、迷っていたレプリカジャージの事も聞いて購入決意しました。
すでに入札済みですけど。

店を後にして、土曜の帰りにオーラで走った同じ道で帰る事にしました。
一旦横関まで行ってから、夢前川右岸の車道を南下。
車の量や風向きが違うとはいえ、ほぼ同じスピードで走行しても、やはりオーラの方が楽に走れました。
オーラなら40km/h出しても脚に余裕はありますが、kaitaiだと200~300mで限界。
kaitaiで今のオーラ並みに走れるようになったら・・・
そうするには、かなり鍛え上げないと。

回るバッタ

回るバッタ」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

昨日のメテオ君を好きなバッタがスポークから離れない様子。
映像で見ると、バッタが小さくて分かりにくい(^-^;

オーラX、シェイクダウン

待望のロードデビュー。
メテオ君、かぷ~さんが同行してくれました。
2008_10040001
出撃前、待機するオーラ

引き渡し前の説明を軽く受け、試走後にいよいよ出発。
2008_10040003 目的地は雪彦の鳥居、まずはヤマサでお昼の蕎麦を食べに行きます。
そこそこ混んでる蕎麦処でノンビリと昼食。
雑談を交えてかなりゆったりとした休憩となりました。
ここまで走ってみて、ロード特有の安定感の無さに違和感を感じつつ、圧倒的に軽い(kaitai比)オーラの軽いペダリングに感動。
kaitaiでは使えないギヤで巡航出来るってやっぱりロードは良いです。
この時点では片手を離すのも怖くて、ハンドルをしっかり握ったままの走行となっています。

ヤマサを出発後、田園の中を走って夢前支所で2度目の休憩。
ここで二人に試乗してもらってます。
で、鳥居に到着。
2008_10040009
山之内からフリー走行でアタックかけましたが、あと半分の所でかぷ~さんには千切られました。
この頃には片手を離す事は出来るようになりましたが、ボトルを取る事が出来ず、また立ち漕ぎもフラフラしてまだ無理です。

しばし休憩して、雪彦林道や小畑には向かわず、真っ直ぐ姫路市街へ。
その途中、叔母ちゃん家でコーヒーとサンドウィッチをご馳走になり、恐縮です。
ローソンでの休憩を挟み、再びヤマサで最後の休憩。
閉店直前で揚げたてのチーカマドッグを美味しく頂きました。

この頃には普通に走る分にはだいぶ慣れてきました。
立ち漕ぎ、ブレーキにはまだ少し慣れが必要ですが。
メテオ君、かぷ~さん初走行に付き合ってもらってありがとうございました。

本日の走行距離 71.36km 
平均時速 22.3km/h
最高速度 46.4km/h
走行時間 3時間11分33秒 でした。

2008_10040022 家に帰り、オーラのタイヤを外して部屋の中へ。
こんな感じに保管します。
そこそこ重いものをこの高さに置くというのは、ちょっと不安もあるので補強でもしておかないと。
しかし、普通の和室にロードバイクが吊られてるのって、違和感ありありです。
あ、ボトル付けたままだった・・

2008_10040005_2
メテオ君を気に入ったバッタ

2008_10040011
一日2回しか来ないバスを見送る

2008_10040016
試走中

2008_10040023
今回購入したニューヘルメット

三寒四温

朝、家を出る時は肌寒くて、走り出しても会社に着く頃になって良い具合に暖まる。
夕、会社を出る時はそこそこの気温で、夏と変わらないくらいに汗をかく。
こんな微妙な季節、何を着て良いのやら、ちょっと悩んでしまいます。

すでにウィンドブレイクジャケットとウィンドブレイクタイツは注文済みで、冬への準備は万端。
しかし、この今をどう乗り切るか。
対策は人に聞いても人それぞれ、解決策は・・・
2008_10030005

たのしみち

毎年恒例となった、職場での標語入選勝負。
今回は残念ながら負けてしまったので、奢る方に回りました。

今まではお昼だったのが、ノリで晩ご飯に変更。
百日鶏の刺身など、新鮮な鶏や魚を食しました。
この店は一年前の思い出の店だったりして、少し感傷に耽ってみたり。
久しぶりの賑やかな晩ご飯は美味しかったです。

支払い完了

今週土曜日、開店直後にオーラを引き取りに行きます。

その前に、今日の帰りに支払いを済ませておきました。
店までの間に銀行はなくてコンビニで引き出したんですが、ちょっと怖いですね。
額が額だけに。
支払いを済ませ、スッキリした気分で帰ろうとしたところ、入れ替わりに昔のクレインに乗った人が入ってきました。
その人のはクワンタムプロで、現行クラインの色とは全然違う、無茶苦茶魅力的なバイオレットでした。

土曜日はそのまま雪彦に向かう予定なので、ロード用ポンプや小物類を背負って帰る事にしたんですが、重い、頭をコツコツ叩かれる、と快適じゃなかったので真っ直ぐ帰宅しました。
2008_10010002
スピードが出せないのでサイクリングロードを走りましたが、
この暗さ、無灯火自転車、フラフラ走る爺婆が多くて怖い・・・

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »