フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 耐久を振り返る1 | トップページ | 耐久を振り返る3 »

耐久を振り返る2

筋肉痛もだいぶマシになって、階段も一段飛ばしで上がれるようになりました。
ビリーを50分耐えるようになれれば。。。

そんなことより。
永く感じた4スティント目は53周で終えて交代。
RIKI君の5スティント目は途中で右フロントタイヤがバーストしてるのに、何事もないかのように周回していきます。
いつピットに入ってくるんやろ、と待ってましたが入る気配はなし、そのまま59周まで引っ張って交代。
続く6スティント目では新品タイヤを投入、いきなりオーバーステアに変貌してました。
それでもアンダーだった今までよりは、かなり楽に周回できるようになっており、ペース自体はそれほど変わらないものの精神的には楽です。
そして、少し短めの53周でピットインしたものの、トラブルもなく順調です、ここまでは。
7スティント目、ここにきてピットから写真を撮る余裕も出てきました。
連写しつつコースやマシン、ピットを撮影していると、「写真撮ってる場合やないで!」と叫ぶ声が。

  2007_09020028
ちょうど、トラブルの直前に撮った写真

コースを見ると、我がマシンがストップしてます!
慌てて回収してチェックしますが、特におかしくは見えないので、そのままコースへリリース。
しかし、すぐにまたストップしたため、急いでピットまで戻って原因を探します。
どうやらデフが壊れたようで中身をばらしてデフをチェック、見た目には壊れてないものの片効きのような感じ。
ここは諦めて予備に持ってきていたギアデフに交換しよう、と取り出してみたらそのギアデフには蓋を止めるビスが付いてない・・・
試しにそのまま取り付けてみるも、すぐにバラバラになってしまう。
過去、いろんなチームが致命的なトラブルに襲われながらも完走していたのに、まさかビスがないために史上初のリタイヤを記録してしまうのか・・
万事休す。
そう思った時、そこにはまさに神の救いの手が。

続く・・・

« 耐久を振り返る1 | トップページ | 耐久を振り返る3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耐久を振り返る1 | トップページ | 耐久を振り返る3 »