フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

ハイビジョンのF1中継

今年から富士スピードウェイに移った日本GP。
それに合わせたかのようにe2byスカパー!でもハイビジョン中継が開始されました。
地上波は去年からハイビジョン対応になってますが、こちらは実況とCMもあってほとんど見てません。
完全生中継のCSで、日本GPのみとはいえ対応してくれるのは嬉しい限りです。
昨日のフリー走行から今日の予選まで実況、解説といつもとほぼ同じながら(通常は金曜の中継はないですが)ハイビジョン画質。
他のGPやチャンネルは違いますがmotoGPなんかもハイビジョンになってくれると良いなあ。

傷跡

昨日のエギングで、転けて手のひらに擦り傷を作ってます。
朝のうちに怪我したものの、その後は痛みも忘れてシャクってましたが、一日経つとシクシク痛んできました。
仕事では水を使うし、色まみれにもなるので普通の絆創膏では支障が出てきます。
そこで、↓を勧められました。
 2007_09250001
早速貼ってみると確かに良い感じです。
手のひらなので しわが寄ったりしますが、隙間が出来ることもなくしっかり貼り付いてます。
風呂に入っても痛みもないです。

絆創膏を貼るような擦り傷は久しぶりですが、かなり進化してますね。

エギング2007~リベンジ~

あれから1週間・・・
今年の2度目のエギングに行ってきました。
今回はべんべえさんとまったに君が加わり、総勢4人でのエギングです。

   2007_09240041_2     

天候は曇り、波も穏やかで前回とは比べものにならないコンディション。
朝イチのラピートに乗って防勢へ。
4人の中で一番に1パイ揚げて、早々とリベンジ達成しました。
その後は色々とポイントを移動し、夕方までに合計4ハイGETして、それなりに満足した一日でした。
何より、失ったエギが墨まみれの1個だけなのは自己最高記録(?)です。

<今日の釣果>
2007_09240046 2007_09240043
1位:11杯RIKI  2位:6杯まったに

2007_09240044 2007_09240045
       3位:4杯ぴっか、べんべえ  

<今日のハイライト>
失いかけたエギを海に潜ってまで取り戻したRIKI君。

2007_09240036_2 2007_09240030_2 2007_09240031_2
  エギを確認           見失う            再発見

2007_09240037_2
  そして確保!

2ヶ月ぶりのCTCC

7月以来、耐久を挟んでのCTCC第7戦でした。
8月のタミグラ後、全くメンテしていないTA05IFSで参加しましたが、以前よりさらに車が思うように走らなくなってました。
原因はメンテしてなかったこと。
石灰で真っ白のマシンをハケで掃除してて、リアのサスアームが動かなくなってました。
サスピンが曲がってるのか、サスブロックがいがんでるのか、その辺りのようです。
さすがに全バラしてメンテしないとダメですね。

昔のF1

このDVDが最近発売され、気になってたので買ってみました。

2007_09190004

この頃のF1は、その存在さえ知らないのですが(まだ2歳くらいだったので)。
雑誌の記事や本では見たことはありますが、映像は一度もありません。

ドキュメンタリー映画ですが、インタビューと実際のレース映像、車載映像で構成されており、終わってみれば約87分を正座して見てました。
その後、今宮純氏と森脇基恭氏のコメンタリーで2度目を鑑賞。

買って良かったです。

新たな購入

2007_09200001
寝転がって遊ぶには、ちょっと重かったので新しいのを購入。
手に入るかな~、と思って見に行ったら大量に置いてありました。
ブルーにしましたが、実物は写真と違って今ひとつでしたね~

FF7 10th

去年出たのは買えなかったので、何とか手に入れてみましたが・・・
ちょっと期待はずれでしたね~

2007_09190003

エギング2007

いよいよエギングのシーズン、今年の1回目に行ってきました。

天気が微妙だったものの、とりあえず行ってみようということでRIKI君と防勢へ。
・・・・
バシバシとアタリのくるRIKI君の横で、まさかのボウズで終了。
来週、リベンジします。

標語で

久しぶりにアクセス解析を見てみると・・・
ここ1ヶ月の中で「衛生標語」でかなり検索されてるみたいです。
通常1日あたり80~100件のアクセスがありますが、9月2日から10日まで倍になってます。
その増えた分が全部「衛生標語」。
この時期、みんな標語作成のためにネットで探してるんでしょうね~
でも、せっかく来てもらっても、ここには肝心の標語が載ってないのですね。

フォアグラ

外食を滅多にしないので、美味しいものを食べる機会はかなり少ないのです。

で、今日生まれて初めてフォアグラを食べました。
料理は「フォアグラピラフ」

Sh010005
庶民派フレンチの店ということで値段は控えめですが、フォアグラはフォアグラ。
早速、食べてみると・・・美味しいです。
が、3口くらいでもう良いかなというくらい味が濃く、量が少なめで助かりました。
高級店だと、また違うのかもしれませんが、そういう所へ行く機会はないですしね。
でも、良い雰囲気でパンやその他の肉料理も美味しくて、また行きたくなる店でした。

2度目のバリウム

今日は健康診断。
ということで2度目のバリウムでした。
去年は初めてということもあり、緊張と不安で何とかなりました。
2度目の今年はちょっと余裕が出たせいか、空腹感が増して仕事も満足に出来ない状態に。
検診の時間は昼休み前の11時。
終わったらすぐに昼休憩、バリウム後の下剤と500mlペットボトル1本飲んだため弁当も満足に食べられませんでした。
その後、午後も下剤の影響でまともに仕事出来ず。
去年はそんなこと無かったのに。

耐久のレポ

  2007_09020026
耐久のレポをキャノンHPにアップして、写真も追加しました。
ついでにこのBlogのレポにも写真を追加しておきました。
今までは自分の記憶の範囲、参加者からのコメントの断片をつなぎ合わせて、何とかレポの体裁を保ってましたが。
今年のレースレポは各Blog、HPへのリンクで済まさせてもらいました^^;
この方が詳しい内容が分かって、読む人も嬉しいんでは?と。
僕としては大助かりです。

それと、トラブルに陥った状況にしては結構写真撮ってて、それなりに使えるのがあったのは奇跡的でした。
去年のほうが使える写真少なかったですし。

耐久を振り返る4

EBRO350Rのボディをオークションに出したら、中古なのに結構な額で落札されました。
そのことに1週間経って今頃気が付き、送料くらいサービスしたら良かったなあ、と。

そんなことより。
もうちょっと耐久の話題を引っ張ってみます。
やっと、耐久を走ったM03をチェックしてみると、フロントハブの下側のビスが左右ともに外れて紛失してました。
2007_09060001

いつ外れたのか全く気が付きませんでしたが、実質2時間ほどだったとはいえ、よく走りきったものです。
それ以外は特に目に付きませんが、今度オーバーホールしたら色々と壊れたりしたのが出てきそうです。
1台キットを買った方が良いかも。

耐久を振り返る3

仕事の合間に水分補給を忘れてたら、夕方近くになって軽い頭痛に。
クーラーの効いた部屋でも熱中症?

そんなことより。
RIKI君も「リタイヤでしょうがないね」なんて言って、再び走り出せる目処が立たないまま時間がだけが過ぎていく。
そんな時、様子を見に来てくれたbunさんから「確か有ったはず」との言葉とともに工具箱から、今まさに必要な3本のビスが!
ビスで蓋を締め、バラバラだったシャーシにギアデフを組み込み、元通りの姿に戻ったM03。
この時点でもしかしてアンプのトラブル?とか気づかされたりもしましたが、無事コースインして元気に走り出します。
この時点で残り時間は20分をきり、各チームは最後のスパートに入っていました。
気づけばトラブル発生から40分近くもストップしていたことになります。

2007_09020056

すでに最下位を確定していたため、あとは無事にゴールすることだけを目的にして他の車の邪魔にならないよう周回していきます。
僕が最後のゴールの宣言をするため、ゴール担当をRIKI君に合わせてスティントを調整しながら。
こうして、レース開始から3時間が経過・・・
長かった3時間耐久レースはゴールを迎えたのでした。

振り返ってみると、順調だった前半とある意味必然だったトラブルに苦しんだ後半。
耐久の醍醐味を十分に味わった気がします。

耐久を振り返る2

筋肉痛もだいぶマシになって、階段も一段飛ばしで上がれるようになりました。
ビリーを50分耐えるようになれれば。。。

そんなことより。
永く感じた4スティント目は53周で終えて交代。
RIKI君の5スティント目は途中で右フロントタイヤがバーストしてるのに、何事もないかのように周回していきます。
いつピットに入ってくるんやろ、と待ってましたが入る気配はなし、そのまま59周まで引っ張って交代。
続く6スティント目では新品タイヤを投入、いきなりオーバーステアに変貌してました。
それでもアンダーだった今までよりは、かなり楽に周回できるようになっており、ペース自体はそれほど変わらないものの精神的には楽です。
そして、少し短めの53周でピットインしたものの、トラブルもなく順調です、ここまでは。
7スティント目、ここにきてピットから写真を撮る余裕も出てきました。
連写しつつコースやマシン、ピットを撮影していると、「写真撮ってる場合やないで!」と叫ぶ声が。

  2007_09020028
ちょうど、トラブルの直前に撮った写真

コースを見ると、我がマシンがストップしてます!
慌てて回収してチェックしますが、特におかしくは見えないので、そのままコースへリリース。
しかし、すぐにまたストップしたため、急いでピットまで戻って原因を探します。
どうやらデフが壊れたようで中身をばらしてデフをチェック、見た目には壊れてないものの片効きのような感じ。
ここは諦めて予備に持ってきていたギアデフに交換しよう、と取り出してみたらそのギアデフには蓋を止めるビスが付いてない・・・
試しにそのまま取り付けてみるも、すぐにバラバラになってしまう。
過去、いろんなチームが致命的なトラブルに襲われながらも完走していたのに、まさかビスがないために史上初のリタイヤを記録してしまうのか・・
万事休す。
そう思った時、そこにはまさに神の救いの手が。

続く・・・

耐久を振り返る1

昨日はかなり力が入っていたようで、階段を上るのも辛いくらいの筋肉痛でした。
ここ最近では一番きつい状態です。
やはり、日頃の運動は大事ですね。

そんなことより。
最近はタミグラ行っても、疲れたとか、しんどかったとか、ダメだったとかしか書いてません。
後から振り返って、どんなんやったっけ?とか思って見ても何の事やら分からない。
ということで、たまにはレースの詳細を振り返ってみたいと思います。
来年の参考にもなるかもしれないので。

今年の耐久は昨年と同じく、RIKI君とチームを組みました。
去年もそうでしたが、プロポを握るのは前年の耐久以来というRIKI君です。
でも、そんなのは多分関係ないので、トラブルさえなければ何とかしてくれるだろうと思ってました。
トラブルさえなければ。
マシンの方も、午前中の練習走行で何とかなりそうとのお墨付きをもらって準備万端です。
心配といえば2本の2400バッテリーがかなり古めで、すでにパンチもなく容量も微妙だったということ。
実際に予選とスタートにこのバッテリーを使ったのですが、予想通りで予選は下位に沈みました。

    2007_09020059
そしてスタート。
当然、スタート担当はRIKI君です。
7番手からまずまずスタートを切ると、中団あたりを順調に周回していきますが、上位のマシンに比べるとペースは今ひとつ、やはりバッテリーはほぼ死んでます。
最初のスティントを74周目まで引っ張ってもらって交代。
2本目も死にかけの2400、こちらはさらに容量がないようで48周でバッテリーダウンして交代。
3スティント目から1600に載せ替え、かなりペースが改善されました。
しかし、5周でタイヤバーストにより緊急ピットイン。
スタート時のタイヤはフロントに事前テストから使用していた薄々スリック、リアも同じく少し溝の残るもの。
練習走行で良いバランスだったので、そのままスタートしてたのですが、薄くなりすぎたタイヤでは急に上がったペースに耐えられなくなったようです。
4スティント目は僕の担当となりましたが、ほぼ連続走行となって真夏並みの日射しもあり体力的に一番きつい時間となりました。
体力的に。

続く・・・

耐久終了

なんとか無事終了しました。
自分の思いつきのレギュレーションが、レースになってから狙い通りの効果を発揮してくれてちょっと嬉しかったりします。
練習では何ともなかった未接着タイヤがうまいこと剥がれてトラブルを誘ったり、電飾のボーナスが最終順位に影響したり。
その反面、過去必ずどこかのチームを襲った致命的なトラブルが、まさか自分のマシンに起こるとは予想外でした。
今までは何か大変そうやなあと見てた出来事が、自分に回ってくるとここまでしんどいとは・・
しかし、bunさんがその場にいなければ完走できてなかったですね。
史上初の耐久リタイヤに名を刻むところでした。

これからはM03のデフはギアデフで行っとけ、というお告げかもしれません。

準備は完了

ボディに電飾も施し、準備は完了。

2007_09010003

今まではアルミ板で反射させるように取り付けていましたが、今回は普段走らせるときでもライトユニットに見えるようにしてみました。
ミニッツのサイトでやってた方法を真似してみたんですが、ディスチャージ装着車のように見えて、かなり満足な仕上がりです。
ただ、取り付けの際に光軸が上を向いてしまったのは失敗でした。

さて、これから充電して明日に備えることにします。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »