フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 凱旋門賞 | トップページ | 衛生標語で連覇 »

凱旋門賞の

凱旋門賞の結果、これも異常なくらいなニュースの扱いでした。
結果自体は残念でしたが、それほど驚きではなかったのでテレビでの騒ぎ振りには引き気味です。

敗因とか分析するのは大事ですが、普段競馬なんて取り上げもしないメディアあたりが必死になってあーだこーだ言ってるのは何だか滑稽な感じがします。
競馬が一般のニュースとかで取り上げられるのはJRAのPRの成果とはいえ、ディープだけというのはどうなんでしょう。
先のキングジョージに出走したハーツクライが勝ったドバイシーマクラシック、地方所属ながらシンガポールで勝ったコスモバルク。
凱旋門賞に比べると格は落ちるといっても、今年国際G1を圧勝した2頭ももっとPRすべきでは、と思います。
せっかくディープインパクトで注目を浴びてるんだし、JRAはもうちょっと知恵使わないと、ディープ引退後には見向きもされない可能性もあるでしょうね。

« 凱旋門賞 | トップページ | 衛生標語で連覇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞の:

« 凱旋門賞 | トップページ | 衛生標語で連覇 »